黄金鳥
目次
黄金鳥(鈴木三重吉の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

黄金鳥

青空文庫作品

鈴木三重吉の短編小説。

【書き出し】
貧乏な百姓《ひゃくしょう》の夫婦がいました。二人は子どもがたくさんあって、苦しいところへ、また一人、男の子が生れました。けれども、そんなふうに家《うち》がひどく貧乏だものですから、人がいやがって、だれもその子の名附親《なつけおや》になってくれるものがありませんでした。

主な登場人物

ウイリイ
・ ・ ・ ・ ・
貧乏な百姓夫婦の子
じいさん
・ ・ ・ ・ ・
乞食
・ ・ ・ ・ ・
きれいな、小さな灰色の馬
・ ・ ・ ・ ・
王さま
大男
・ ・ ・ ・ ・
大げんかをしていた
・ ・ ・ ・ ・
馬が変身した姿
王女
・ ・ ・ ・ ・
羽根の画の王女

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)