恐ろしき贈物
目次
恐ろしき贈物(小酒井不木の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

恐ろしき贈物

青空文庫作品

小酒井不木の短編小説。

【書き出し】
ニューヨーク市、西第七十街のあるアパートメントに、グレース・ウォーカーという四十前後の女が住んでいた。おもて向《むき》は極めて静かな生活をしていたけれど、警察はかねてから彼女に目をつけていた。というのは彼女は一口にいえば待合のようなものを営んで、多くの良家の子女に恥かしい行為を勧めていたからである。ところが、あるときヴァイオレット・リオナードという十五歳になる女を取持っていたとき、警察に踏み込まれて、少女はある感化院に送られ、彼女も拘引されて相当の処罪を受けた。

主な登場人物

ウォーカー
・ ・ ・ ・ ・
グレース・ウォーカー
友達
・ ・ ・ ・ ・
ウォーカーの友達
ブレスナン
・ ・ ・ ・ ・
探偵
アレン
・ ・ ・ ・ ・
アンダーウッド・タイプライター商会の支配人
ロザルスキー
・ ・ ・ ・ ・
紐育裁判所の判事
エガン
・ ・ ・ ・ ・
探偵
ヘララ
・ ・ ・ ・ ・
キューバ人、アパートメントの管理人
夫人
・ ・ ・ ・ ・
ヘララ夫人
夫人の妹
・ ・ ・ ・ ・
ヘララ夫人の妹
オファレル
・ ・ ・ ・ ・
ジョン・オファレル。老人
警官
・ ・ ・ ・ ・
警官
プライス
・ ・ ・ ・ ・
ブロンクス区探偵局の主任
部下探偵
・ ・ ・ ・ ・
プライスの部下
クロッツ
・ ・ ・ ・ ・
ヘンリーの父親
ヘンリー
・ ・ ・ ・ ・
クロッツの息子
女中
・ ・ ・ ・ ・
クロッツ家の女中

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)