メデューサの首
目次
メデューサの首(小酒井不木の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

メデューサの首

青空文庫作品

「大衆文芸」1926(大正15)年9月号に掲載された小品。「T医科大学の四年級の夏休みに、わたしは卒業試験のため友人の町田(まちだ)と二人で伊豆山(いずさん)のS旅館に出かけ」た。その湯船で女性と墨絵を描きあって戯れるが、それを見た紳士が忠告として話し出した話とは、体に描かれたメデューサの絵に取り殺される女性の話だった。 ――小酒井の作品の中では探偵小説ではなく、怪奇小説とも呼ぶべき作品。(大野晋)(引用:青空文庫)

主な登場人物

わたし
・ ・ ・ ・ ・
T医科大学の四年
町田
・ ・ ・ ・ ・
わたしの友人
若い女
・ ・ ・ ・ ・
看護婦
紳士
・ ・ ・ ・ ・
五十ばかりの白髪童顔の紳士
患者の女
・ ・ ・ ・ ・
二十七、八の、大きな腹を抱えた患者
先生
・ ・ ・ ・ ・
紳士の若い頃

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)