死体蝋燭
目次
死体蝋燭(小酒井不木の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

死体蝋燭

青空文庫作品

「新青年」1927(昭和2)年10月号に掲載された小品。蒸し暑い暴風雨の夜の、小坊主を前にした和尚の告白。手燭の蝋燭は、先の小坊主を殺し、肉をはぎ、その脂肪から作ったものという。その死体蝋燭が、今宵で尽きる…。小酒井不木版雨月物語「青頭巾」といった作品だが、その適度な短さと練られたプロットで、当時から評判は良かったようである。(引用:青空文庫)

主な登場人物

法信
・ ・ ・ ・ ・
小坊主
和尚
・ ・ ・ ・ ・
和尚

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)