裸身の女仙
目次
裸身の女仙(野村胡堂の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

裸身の女仙

青空文庫作品

野村胡堂の短編小説。

【書き出し】
「姐御」「シッ、そんな乱暴な口を利いてはいけない」「成程《なるほど》、今じゃ三千石取のお旗本のお部屋様だっけ、昔の積《つも》りじゃ罰《ばち》が当らア」芸人風の若い男は、ツイと庭木戸を押し開けて植込の闇の中へ中腰に潜り込みました。迎えたのは、二十一二の不思議な美しい女です。

主な登場人物

お鳥
・ ・ ・ ・ ・
二十一二の不思議な美しい女
源吉
・ ・ ・ ・ ・
一座の花形
殿様
・ ・ ・ ・ ・
安城郷太郎
岩吉
・ ・ ・ ・ ・
山猿のような男
源太夫
・ ・ ・ ・ ・
一座の親方
お石
・ ・ ・ ・ ・
腹心の下女
婆ア
・ ・ ・ ・ ・
茶店の婆ア
萩江
・ ・ ・ ・ ・
萩江鞍馬。西国の浪人
鹿造
・ ・ ・ ・ ・
安城郷太郎の下男
藤三郎
・ ・ ・ ・ ・
小畑藤三郎。用人

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)