不器用な天使
目次
不器用な天使(堀辰雄の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

不器用な天使

青空文庫作品

堀辰雄の短編小説

【書き出し】
カフエ・シヤノアルは客で一ぱいだ。硝子戸を押して中へ入つても僕は友人たちをすぐ見つけることが出來ない。僕はすこし立止つてゐる。ジヤズが僕の感覺の上に生まの肉を投げつける。その時、僕の眼に笑つてゐる女の顏がうつる。僕はそれを見にくさうに見つめる。するとその女は白い手をあげる。その手の下に、僕はやつと僕の友人たちを發見する。僕はその方に近よつて行く。そしてその女とすれちがふ時、彼女と僕の二つの視線はぶつかり合はずに交錯する。

主な登場人物

・ ・ ・ ・ ・
主人公
・ ・ ・ ・ ・
青年
友人
・ ・ ・ ・ ・
青年
・ ・ ・ ・ ・
僕の母親
シヤノアルの女
・ ・ ・ ・ ・
カフエ・シヤノアルの女
ウエイトレス
・ ・ ・ ・ ・
カフエ・シヤノアルのウエイトレス
バーの女
・ ・ ・ ・ ・
ジジ・バアの女

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)