ヴィヨンの妻
目次
ヴィヨンの妻(太宰治の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

ヴィヨンの妻

青空文庫作品

作者を髣髴させる、元男爵の次男だという帝大出の詩人の妻「さっちゃん」の視点で、大谷と彼を取り巻く人々の言動が綴られている。さっちゃんは、浅草公園の瓢箪池畔でおでんの屋台を出していた父とふたりで長屋に住んでいた。小金井の家はボロ家で、3人家族の家計は、しばしば熱を出す子供を医者に連れて行きたくても、お金もない有様。その上、大谷は数日も帰ってこないこともしばしば。ある時、大谷は入り浸っている中野駅の小料理屋「椿屋」から運転資金を盗み、やってきた経営者夫婦に大谷は辻褄のあわない言い訳を並べたてる。(引用:Wikipedia)

主な登場人物

・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
四十前後の痩せて小さい女
・ ・ ・ ・ ・
膝きりの短い外套を着た五十すぎくらいの男
・ ・ ・ ・ ・
店の客達
矢島
・ ・ ・ ・ ・
夫の昔からの知合い

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)