山椒魚
目次
山椒魚(岡本綺堂の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

山椒魚

青空文庫作品

岡本綺堂の短編小説。

【書き出し】
K君は語る。早いもので、あの時からもう二十年になる。僕がまだ学生時代で、夏休みの時に木曾の方へ旅行したことがある。八月の初めで、第一日は諏訪に泊まって、あくる日は塩尻から歩き出した。中央線は無論に開通していない時分だから、つめ襟の夏服に脚絆、草鞋、鍔《つば》の広い麦藁帽をかぶって、肩に雑嚢をかけて、木の枝を折ったステッキを持って、むかしの木曾街道をぶらぶらとたどって行くと、暑さにあたったのかどうも気分がよくない。

主な登場人物

K君
・ ・ ・ ・ ・
主人公
小女
・ ・ ・ ・ ・
小女
通信員
・ ・ ・ ・ ・
東京の某新聞社の通信員

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)