ある男の堕落
目次
ある男の堕落(伊藤野枝の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

ある男の堕落

青空文庫作品

伊藤野枝の短編小説。

【書き出し】
私がYを初めて見たのは、たしか米騒動のあとでか、まだその騒ぎの済まないうちか、よくは覚えていませんが、なにしろその時分に仲間の家で開かれていた集会の席ででした。その時の印象は、ただ、何となく、今まで集まってきた人達の話しぶりとは一種の違った無遠慮さで、自分が見た騒動の話をしていましたのと、その立ち上がって帰る時に見た、お尻の処にダラリと不恰好にいかにも間のぬけたようにブラ下げた、田舎々々した白縮緬の兵児帯とが私の頭に残っていました。彼はまだその時までは、新宿辺で鍛冶屋の職人をしていたのです。

主な登場人物

・ ・ ・ ・ ・
主人公
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
刑事
・ ・ ・ ・ ・
巡査
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)