ある女の裁判
目次
ある女の裁判(伊藤野枝の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

ある女の裁判

青空文庫作品

伊藤野枝の短編小説。

【書き出し】
ああ! 漸く、ほんとにやうやく、今日もまた今のびのびと体を投げ出すことの出来る時が来ました。けれど、もう十一時半なんです。此の辺では真夜中なんです。そして、今日の裁判所での半日は、それでなくても疲れ切つてゐる私を、もうすつかりへとへとに疲らして仕舞ひました。

主な登場人物

・ ・ ・ ・ ・
主人公
裁判長
・ ・ ・ ・ ・
裁判長
・ ・ ・ ・ ・
被告の女
弁護士①
・ ・ ・ ・ ・
弁護士
あなた
・ ・ ・ ・ ・
監獄にいる誰か
弁護士②
・ ・ ・ ・ ・
弁護士

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)