人間失格
目次
人間失格(太宰治の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

人間失格

青空文庫作品

『人間失格』(にんげんしっかく)は、小説家・太宰治による中編小説。『ヴィヨンの妻』『走れメロス』『斜陽』に並ぶ太宰の代表作の1つである。
1948年(昭和23年)3月より書き始め、5月12日に脱稿した。太宰は、その1ヶ月後の6月13日に山崎富栄と共に玉川上水で入水自殺した。
同年、雑誌『展望』6月号から8月号まで3回にわたって掲載された本作品は、著者死亡の翌月、7月25日、筑摩書房より短編「グッド・バイ」と併せて刊行された。
他人の前では面白おかしくおどけてみせるばかりで、本当の自分を誰にもさらけ出す事の出来ない男の人生(幼少期から青年期まで)をその男の視点で描く。この主人公の名前は、太宰の初期の小説『道化の華』に一度だけ登場している。
戦後の売り上げは、新潮文庫版だけでも累計発行部数670万部を突破しており、夏目漱石の『こころ』と何十年にもわたり累計部数を争っている。
(wikipediaより引用)

主な登場人物

大庭葉蔵
・ ・ ・ ・ ・
主人公
鈍い人たち
・ ・ ・ ・ ・
美醜などに関心を持たぬ人たち
美醜に就いての訓練を経て来たひと
・ ・ ・ ・ ・
美醜に就いての訓練を経て来たひと

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)