生きている腸
目次
生きている腸(海野十三の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

生きている腸

青空文庫作品

海野十三の短編小説。

【書き出し】
医学生吹矢隆二は、その日も朝から、腸《はらわた》のことばかり考えていた。午後三時の時計がうつと、彼は外出した。彼の住んでいる家というのは高架線のアーチの下を、家らしい恰好にしただけの、すこぶる風変りな住宅だった。

主な登場人物

吹矢隆二
・ ・ ・ ・ ・
医学生
熊本博士
・ ・ ・ ・ ・
○○刑務病院の外科長
病院
・ ・ ・ ・ ・
○○刑務所の附属病院
守衛
・ ・ ・ ・ ・
守衛

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)