あさましきもの
目次
あさましきもの(太宰治の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

あさましきもの

青空文庫作品

太宰治の短編小説。

【書き出し】
賭弓《のりゆみ》に、わななく/\久しうありて、はづしたる矢の、もて離れてことかたへ行きたる。こんな話を聞いた。たばこ屋の娘で、小さく、愛くるしいのがいた。男は、この娘のために、飲酒をやめようと決心した。娘は、男のその決意を聞き、「うれしい。」と呟《つぶや》いて、うつむいた。うれしそうであった。

主な登場人物

・ ・ ・ ・ ・
岡田時彦
・ ・ ・ ・ ・
たばこ屋の娘
大学生
・ ・ ・ ・ ・
大学生
・ ・ ・ ・ ・
画家のモデルの女
検事
・ ・ ・ ・ ・
検事

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)