母たち
目次
母たち(小林多喜二の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

母たち

青空文庫作品

初出:「改造」改造社、1931(昭和6)年11月号

【書き出し】
弟が面会に行くとき、今度の事件のことをお前に知らせるようにと云ってやった。差入のことや家のことや色々なことを云った後で、弟は片方の眼だけを何べんもパチ/\させながら、「故里《くに》の方はとても吹雪《ふぶ》いているんだって。」と云った。するとお前は、

主な登場人物

語り手
・ ・ ・ ・ ・
語り手
お前
・ ・ ・ ・ ・
お前
お前の弟
・ ・ ・ ・ ・
お前の弟
お前の妹
・ ・ ・ ・ ・
お前の妹
お前の母
・ ・ ・ ・ ・
お前の母
特高
・ ・ ・ ・ ・
特高
山崎の母
・ ・ ・ ・ ・
山崎のお母さん
上田の母
・ ・ ・ ・ ・
上田進のお母さん
おかみさん
・ ・ ・ ・ ・
大川のおかみさん
刑事
・ ・ ・ ・ ・
刑事
上田
・ ・ ・ ・ ・
上田進
裁判長
・ ・ ・ ・ ・
裁判長
黒田
・ ・ ・ ・ ・
黒田
山崎
・ ・ ・ ・ ・
山崎

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)