0
人間レコード
3話 人間レコード -3
人間レコード(夢野久作の作品)第3話 「人間レコード -3」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!
青年

「わかるかい」

と青年ボーイの声……。

少年

「わかります。ソビエットの宣伝でしょう」

と少年ボーイの緊張に震えた声……。

青年

「片山潜《かたやません》の口調だよ。これあ……」

少年

「エッ片山潜……」

青年

「そうだ。日本で××××運動をやって露西亜《ロシア》へ逃込んだ今年七十か八十ぐらいの老闘士だ。今東洋方面の宣伝係長みたいなものをやっている。彼奴《あいつ》の声だよ、これあ」

少年

「どうしてわかります」

青年

「この前コイツの宣伝レコードが日本に紛れ込んだ事がある。そいつを機密局の地下室で聞かせてもらったことがあるが、声までソックリだよ。人間レコードって恐ろしいもんだね」

少年

「呆れた爺《じじい》ですね。その片山って爺《じじい》は……」

青年

「ウン。あんまり学問をし過ぎちゃって頭が普通でなくなっているんだよ。医学上でヒポマニーという精神病だがね。普通の人間以上のことをしていなくちゃ生きていられないようになっているんだ。

青年

そいつを知らないもんだから日本の×の連中は片山潜といったら神様みたいに思っているんだ。ソイツを利用してソビエットが宣伝に使っているんだ」

少年

「つまりこの声をレコードに移して、片山潜の肉声だと云って配るんですね」

青年

「そのつもりらしいね。非道《ひど》い真似をしやがる」

人間レコードの声は、なおも本物のレコードさながらに続く。

人間レコード

「……英仏の帝国主義政府は、日本のこの皇道精神の発露を公然と妨害しているが、これは単に自己の強盗的利益のために……支那分割の過程に割込んで新しい地域を掴む機会を得んとしている準備工作に過ぎない。

人間レコード

帝国主義戦争を製造する国際聯盟、及びリットン報告書が、日本を裡面より如何に煽動し、中国の国際管理と分割を如何に執拗に提議しているかは、欧洲政局の裡面が最よく見透かされ得るモスコーに居なければわからないであろう。

人間レコード

米国の汎アメリカニズムと×××××××の矛盾は益々増大しつつあると、中国国民党の走狗《そうく》どもは云っているが、これは間違いである。

人間レコード

米国が××××××しようとしていることは、彼等のヒリッピンの統治方法を見ればわかる事である。

人間レコード

これ等の工作の全部を一挙に覆《くつがえ》し、地上から××と××の影を潜めしむる任務は×××××諸君の双肩にかかっている。

人間レコード

支那をしてソビエット政府の光栄ある治下に置き、彼等|虎狼《ころう》の爪牙《そうが》から免れしむることは一に新興×××××諸君の奮起力にかかっている。

人間レコード

 起て。奮起せよ。武装せよ。
 全世界を×××××の治下に置け。
 ××××万歳。

人間レコード

 ×××××××万歳。
 ××とソビエットの×××万歳。
  (一九三×年九月×日党、団、中央)」

青年

「何だ。お前、ふるえてるじゃないか」

少年

「ふるえてやしません。ソビエット帝国主義の宣伝の狡猾《こうかつ》さが癪《しゃく》に触《さわ》っているだけです」

青年

「アハハ。ソビエット帝国主義はよかったナ。この宣伝に欺されてうっかりソビエットの治下に這入ったら最後、その国の労働者農民は、今のソビエットと同様に、運の尽きだからね。資本主義の国が人民から搾《しぼ》るものはお金だけ……ところがソビエット主義が人民から搾《しぼ》り取るものは血から涙から魂のドン底までと云っていいんだからね」

少年

「しかし支那人は直ぐにソビエット主義に共鳴するでしょう」

青年

「ウン。非常な共鳴のし方だ。ドエライ勢で新疆方面に拡がっているが、しかし支那人の考えている共産主義は、ホントウのソビエット主義とはすこし違うんだよ」

少年

「ヘエ。ドンナ風に違うんですか」

青年

「ホントの共産主義は要するに『他人のものは我が物。わが物は他人のもの』というんだろう」

少年

「そうですね。まあそうですね」

青年

「ところが支那人のは違うんだ。『他人の物は我が物。我が物は我が物』というんだから」

少年

「アハハハハ」

青年

「ワハッハッハッハッ」

少年

「シッ……フイルムに残りますよ」

青年

「……オヤ……。人間レコードが黙り込んだね。モウ済んだんじゃないかな」

少年

「さあ、どうでしょうか。フイルムは三田尻まで大丈夫持ちますよ」