0
人間レコード
2話 人間レコード -2
人間レコード(夢野久作の作品)第2話 「人間レコード -2」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

山陽線の厚狭《あさ》を出たばかりの特急列車、富士号がフル・スピードをかけて南に大曲りをしている。

今まで列車の尻ベタに吸い付いていた真赤な三日月をヤット地平線上に振り離したばかりのところである。

展望車に接近した特別貸切室の扉《ドア》の前に、二十二三ぐらいのスマートな青年ボーイが突立ったまま凭《もた》れかかってコクリコクリと居睡《いねむ》りをしている。

その毛布の下から出た一本の細い、黒いゴム管が、ボーイの上衣の下から、何気なく後に廻わした左手の指先に伝わって、お尻の蔭の扉《ドア》の鍵穴に刺さっている。

音も何もしない。ボーイは帽子を傾けたままコクリコクリと動揺に揺られている。

そこへ水瓶《みずがめ》とコップのお盆を抱えた十八九の綺麗な少年ボーイが爪先走りに通りかかったが、青年ボーイの前に来るとピタリと立停まって、伸び上りながら耳に口を寄せた。

少年

「持って来ました」

青年ボーイは眼を青白く見開いて冷やかに笑った。

無言のまま毛布と、黒い毛糸で包んだガス発生器らしいものと、ゴム管を一まとめにして毛布の中に丸め込んで弟分のボーイに渡すと、車掌用の合鍵とネジ廻しを使って迅速に扉《ドア》の掛金と鍵を開いた。

ハンカチで鼻を蔽いながら少年ボーイと二人で室内に這入ってガッチリと鍵を卸した。

大急ぎで窓を開くと、つめたい夜気と共に、急に高まった列車の轟音が室内にみちみちた。

赤茶気た室内電燈に照らされた寝台の中には最前の小柄な瘠せ枯れた白人の老爺が、被布《シーツ》から脱け出してゴリゴリギューギューと鼾《いびき》を掻いている。

青年ボーイが少年ボーイを振返った。

青年

「列車の中に相棒は居ないね」

少年ボーイが簡単にうなずいた。青年ボーイが今一度冷笑した。

青年

「フン。ここまで来れば東京まで一直線だからね。人間レコードだと思って安心していやがる」

少年

「エッ。人間レコード……」

少年ボーイがビックリしたらしく眼を丸くした。青年ボーイの凄味に冴えかえった顔を見上げて唇をわななかした。

青年

「ウン。この爺《じじい》が人間レコードなんだよ。アンマリ度々人間レコードに使われるもんだからコンナに瘠せ衰えているんだ」

少年

「人間レコード……」

少年ボーイはさながら生きた幽霊でも見るかのように、暗い逆光線をゲッソリと浮出させた老人の寝顔を見下した。

青年

「ウン。今見てろ。このレコードを回転させて見せるから……」

青年ボーイの手が敏活に動き出した。

老人の胸を掻き開いて、肋骨の並んだ乳の上に無色透明の液二筒と茶褐色の液一筒と都合三筒ほど、慣れた手付で注射をした。

そのまま窓を閉めて扉《ドア》の外へ出ると帽子を冠り直して、少年ボーイが捧げる水瓶とコップのお盆を受取って、ツカツカと展望車に歩み入った。

ズッと向うの籐椅子《とういす》のクッションに埋まっている、派手な姿《なり》した白人のお婆さんの前に近付いた。

青年

「ヘイ。お待遠さま」

お婆さん

「アリガト」

そう云った口紅、頬紅の嫌味《いやみ》たらしいお婆さんが青年ボーイの手に何枚かの銀貨を渡すと、彼は帽子を脱いで意気地なくペコペコした。

お婆さん

「マア……キレイ……お月様……」

老婦人が指《ゆびさ》す方を見ると又も一曲りした列車の後尾に、醜い黄疸色をした巨大な三日月が沈みかかっていた。

青年ボーイはニッコリと笑って首肯《うなず》いた。今一度帽子を脱いで展望車から出て行った。

一等車のボーイ室では少年ボーイが、山のように積上げた乗客の手荷物を片付けていた。

トランク、信玄袋《しんげんぶくろ》、亀の子|煎餅《せんべい》、バナナ籠、風呂敷包み……その下から出て来た、ビラの付かないズックの四角い鞄の中から受話器を取出して耳に当てた。

そこへ帰って来た青年ボーイが身体《からだ》で入口を蔽いながら笑った。

青年

「馬鹿……見付かったらドウする」

少年ボーイは顔を真赤にした。慌てて受話器をズック鞄の中へ返したが、その眼は好奇心に輝いていた。

青年

「何か聞こえるかい」

少年

「ええ。あの爺《じじい》のイビキの声が聞こえます。すこしイビキの調子が変ったようです」

青年

「コードの連絡の工合はいいな」

少年

「ええ上等です。あの豆電燈のマイクロフォンも、この部屋へ連絡している人絹コードも僕の新発明のパリパリですからね」

青年

「ウン。今度のことがうまく行けばタンマリ貰えるぞ」

少年

「ええ。僕は勲章が欲しいんですけど……」

青年

「ハハ。今に貰ってやらあ……オット……モウ十分間過ぎちゃったぞ。それじゃもう一回注射して来るからな……録音器は大丈夫だろうな」

少年

「ええ。一パイの十キロにしておきました。心配なのは鞄の内側の遮音装置だけです」

青年

「ウム。毛布でも引っかけておけ。モトの通りに荷物を積んどけよ」

少年

「聞いちゃいけないんですか。人間レコードの内容を……」

青年

「ウン。仕方がない。こっちへ来い」

少年

「モウ小郡《おごおり》に着きますよ」

青年

「構うものか。五分間停車ぐらい‥‥」

二人はそのまま以前の特別貸切室に這入った。

内側からガッチリと掛金をかけると、青年ボーイがポケットから注射器を出して、無色透明の液を一筒、寝台の上の老人の腕に消毒も何もしないまま注射した。

老人はモウ全くの死人同様になっていた。

全身がグタグタになって、半分開いた瞼の中から覗いている青い瞳が硝子《ガラス》のように光り、ゲッソリと凹《へこ》んだ両頬の間にポカンと開いた唇と、そこから剥き出された義歯《いれば》がカラカラにカラビ付いて、さながらに木乃伊《ミイラ》の出来たてのような気味の悪い感じをあらわしていた。

それから少年ボーイは枕元の豆電燈の球《たま》を抜いて、代りに白い六角の角砂糖ぐらいの小さなマイクロフォンを捻じ込んだ。

そのまま二人は真暗になった車室のクッションに腰を卸して耳を澄ましていた。

列車の速力がダンダン緩《ゆる》くなって来て、蒼白いのや黄色いのや、色々の光線が窓|硝子《ガラス》を匐《は》い辷《すべ》った。

やがて窓の外を大きな声が、「小郡イ——イ。オゴオリイ——イ」と怒鳴って行った。青年ボーイが身動きしないまま傍《そば》の少年ボーイに囁いた。

青年

「今のも録音機のフイルムに感じたろうか」

少年

「感じてます。器械を列車の蓄電池と繋ぎ合わせて開《あ》け放していますから……まだ五十分ぐらいはフイルムが持ちますよ。今の貴方《あなた》の声だって這入ってますよ」

青年

「フフフ……」

二人は又、沈黙に陥った。青年ボーイは所在なさに紙巻を啣《くわ》えて火を点《つ》けた。

少年ボーイが闇の中で手を出した。

少年

「僕にも一本下さいな」

青年

「馬鹿。フイルムに感じちゃうぞ」

少年

「構いませんから下さい」

青年

「手前《てめえ》。持ってるじゃないか」

少年

「バットなら持ってます。貴方《あなた》のは露西亜《ロシア》巻でしょう」

青年

「よく知ってるな。ハハア。匂いでわかったナ」

少年

「イイエ。見てたんです。さっき注射なすった時にあの爺《じじい》のパジャマのポケットから……」

青年

「シッ。フフフ……」

突然列車が烈しくガタガタと揺れた。小郡駅構内の上り線ポイントを通過したのだ。車室の中が又真暗くシインとなってしまった。

すると突然に列車の動揺にユスリ出されたような奇妙な声が、寝台の中から起って来た。

それはカスレた金属性の、低い、老人の声で、しかもハッキリした日本語であった。夢のようにユックリと落付いた口調であった。

人間レコード

「日本の………、……、……、……、…………………諸君よ……諸君、民衆の民族的……のために……せよ……諸君……日本の…………が……土地……に目ざめ、成長する事を……のである」