0
人間レコード
1話 人間レコード -1
人間レコード(夢野久作の作品)第1話 「人間レコード -1」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

昭和×年の十月三日午後六時半。

玄海洋《げんかいなだ》の颱風雲《たいふうぐも》を帯びた曇天がもうトップリと暮れていた。

下関の桟橋へ着いた七千|噸《トン》級の関釜《かんぷ》連絡船、楽浪丸《らくろうまる》の一等船室から一人の見窄《みすぼ》らしい西洋人がヒョロヒョロと出て来た。

背丈が日本人よりも低い貧弱な老人で、何の病気かわからないが骨と皮ばかりに瘠せ衰えている。

綺麗に剃り上げた頬の皺は、濡れた紙のように弾力を失って、甲板《デッキ》の上からトロンと見据えた大きな真珠色の瞳は、夢遊病者のソレのようにウットリと下関駅の灯《ひ》を映している。

白茶気《しらちゃけ》た羅紗《ラシャ》の旅行服に、銀鼠色のフェルト帽を眉深《まぶか》く冠って、カンガルー皮の靴を音もなく運んで来た姿は、幽霊さながらの弱々しい感じである。

手荷物は赤帽に托したものらしい。

瘠せ枯れた生白《なまじろ》い手には細い、銀頭《ぎんがしら》の竹のステッキを一本|抓《つま》んでいるきり、何も持っていない。

甲板《デッキ》まで見送って来た連絡船のボーイ連にチョット脱帽したが、頭は真白く禿げたツルツル坊主であった。

ボーイ連も何となく彼の姿を奇妙に感じたのであろう。

高い甲板《デッキ》の上から五六人、瞳を揃えて遠ざかって行く彼のうしろ姿を見送っていた。

彼もタッタ一人でトボトボと税関の前アタリまで来ると何かしら不安を感じたらしく、眩しい電燈の下で立停まって、そこいらを見まわしていたが、

その中《うち》に、三等船室の方から一人の背の高い、モーニングを着た、顔にアバタのある朝鮮人らしい紳士が降りて来るのを見ると、初めて安心したらしくチョコチョコと歩き出して、そのアトを追いかけ始めた。

朝鮮紳士はソンナ事を気付かぬらしくサッサと桟橋を渡って下関駅の改札口を出た。

そのままコソコソと人ごみの蔭に隠れると何気もない体《てい》で振り返って、今の小さな西洋人が、新しいハンカチで額の汗を拭き拭き八時三十分発急行列車富士号の方へヨチヨチと歩いて行くのを見送ると、直ぐに公衆電報取扱所へ走り寄って、前から準備して書いていたらしい電報を一通打った。

「レコード」シモノセキツク」フジニノル」

打電先は東京銀座尾張町×丁目×番地、コンドル・レコード商会古川某であった。

打ってしまうと朝鮮紳士は自分の背後《うしろ》に順番を待っているらしいデップリした、色の黒い、人相の悪い中年の紳士を振り返ってジロリと睨み付けた……が……しかしその人相の悪い紳士は見向きもせずに、自分の電報を窓口に置いて切手を嘗《な》めてトントンと叩き付けて差出した。

そうして係員が受取るのを、やはり見向きもせずに駅を出て、程近い駅前の山陽ホテルにサッサと這入《はい》って行った。

山陽ホテルの駅前街路を見晴らす豪華な一室に、立派な緞子《どんす》の支那服を着た、鬚髯《ひげ》と眉毛の長い巨漢《おおおとこ》が坐っていた。

白々と肥満した恰好から、切れ目の長い一重瞼《ひとえまぶた》まで縦から見ても横から見ても支那人としか思えなかったが、その前にツカツカと近づいた今の人相の悪い紳士が恭《うやうや》しく一礼すると、その支那人風の巨漢《おおおとこ》は鮮やかなドッシリした日本語で喋舌《しゃべ》り出した。

巨漢

「ヤア。御苦労御苦労。どうだったね。結果は……」

人相の悪い紳士は苦笑いと一緒に頭を下げた。

中禿《なかはげ》の額の汗を拭き拭き椅子に腰をかけた序《ついで》に支那人風の巨漢《おおおとこ》に顔をさし寄せて声を潜めた。

紳士

「満洲に這入ると直ぐに憲兵司令に命じまして、彼奴《きゃつ》を国境脱出者と見做して手酷《てきび》しく責めてみましたが、弱々しい爺《じじい》の癖にナカナカ泥を吐きません」

巨漢

「旅券を持っていなかったのか」

紳士

「持っておりましたが私がその前に掏《す》り取っておいたのです。古い手ですが……旅券は完全なもので、東京××大使館|雇員《やとい》を任命されて新《あらた》に赴任する形式になっております。ここに持っておりますが」

巨漢

「買収してみたかい」

紳士

「テンデ応じませんし、ホントウに何も知らないらしいのです。仕方がありませんから××領事へ紹介して旅券の再交付をして立たせましたが、チットも怪しむべき点はありません」

巨漢

「そんな事だろうと思った。大抵の奴なら君の手にかかれば一も二もない筈だがね」

紳士

「それがホントウに何も知らないらしいのです。ただタイプライターが上手で、日本文字に精通しているというだけの爺《じじい》としか見えませんから、仕方なしに××領事の了解を経てコチラへ立たせた訳ですが、しかし、どう考えても怪しい気がしてなりませんので取敢えず閣下に彼奴《きゃつ》の写真《スナップ》をお送りしておいて、ここまでアトを跟《つ》けて来た訳ですが……」

巨漢

「ウム。君の着眼は間違いない。彼奴《きゃつ》は密使に相違ないと僕も思う。この頃、欧洲の時局が緊張して、露独の国境が険悪になったので、露国は満蒙、新疆《しんきょう》方面にばかり力を入れる訳に行かぬ。

巨漢

じゃから遠からず東亜の武力工作をやめて、赤化宣伝工作に移るに違いないのじゃ。露国が一番恐れているのは日本の武力でもなければ、科学文化の力でもない。日本人の民族的に底強い素質じゃ。

巨漢

三千年来その良心として死守し、伝統して来た忠君愛国の信念じゃからのう。コイツを赤化してしまえば、東洋諸国は全部|露西亜《ロシア》のものと彼等は確信しているのじゃからのう」

紳士

「成る程」

巨漢

「その赤化宣伝工作に関する重大なメッセージか何かを、彼奴《きゃつ》がどこかに隠して持って来ているに違いないのじゃが……」

紳士

「昏睡させておいて鞄《かばん》は勿論|彼奴《きゃつ》の旅行服の縫目から、フェルト帽から、カンガルー靴の底まで念入りに調べましたが疑うべき点は一つも御座いません。ただ一つ……」

巨漢

「何だ……」

紳士

「ただ一つ……」

巨漢

「何がタダ一つだ……」

紳士

「あの老人を哈爾賓《ハルピン》から見送って来た朝鮮人が、下関駅でタッタ今電報を打ちました。銀座尾張町のレコード屋の古川という男に打ったものですが……」

巨漢

「ウムウム。あの男なら監視させておるから大丈夫じゃが……その電文の内容は……」

紳士

「レコード着いた。富士に乗る……というので……」

巨漢

「しめたぞッ……それでええのじゃ」

支那人風の巨漢《おおおとこ》がイキナリ膝を打って大きな声を出した。

紳士

「エッ」

人相の悪い紳士は眼をパチクリさせた。

支那人風の巨漢《おおおとこ》は顔中に張切《はちき》れんばかりの笑《わらい》を浮かめて立上った。

巨漢

「ハハハ。イヨイヨ人間レコードを使いおったわい」

紳士

「エッ……人間レコード……」

巨漢

「ウム。露西亜《ロシア》で発明された人間レコードじゃ。本人は何一つ記憶せんのに脳髄にだけ電気吹込みで、複雑な文句を記憶させるという医学上の新発見を応用した人間レコードというものじゃ。

巨漢

ずっと以前からネバ河口の信号所の地下室で作り出して欧羅巴《ヨーロッパ》方面の密使に使用しておったものじゃが、この頃日本の機密探知手段が極度に巧妙になって来たのでヤリ切れなくなって使い始めたものに違いない。事によると今度が皮切りかも知れんて……」

紳士

「人間レコード……人間レコード……」

巨漢

「ウム」

支那人風の巨漢《おおおとこ》は唖然となっている相手の顔を見下して大笑した。

巨漢

「アハハハ。モウ手配はチャントしてあるよ。君の手におえん位の奴ならモウ人間レコードにきまっとるからのう。ハハハ」