藪の中
目次
藪の中(芥川龍之介の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

藪の中

青空文庫作品

複数の視点から同一の事象を描く内的多元焦点化(ジュネット)の手法がとられ、殺人と強姦という事件をめぐって4人の目撃者と3人の当事者が告白する証言の束として書かれており、それぞれが矛盾し錯綜しているために真相をとらえることが著しく困難になるよう構造化されている。(引用:Wikipedia)

主な登場人物

検非違使
・ ・ ・ ・ ・
検非違使
木樵り
・ ・ ・ ・ ・
死体の第1発見者
旅法師
・ ・ ・ ・ ・
馬に乗った女を見かけた。
放免
・ ・ ・ ・ ・
馬に乗った盗人を捕縛した。
・ ・ ・ ・ ・
真砂の父親
多襄丸
・ ・ ・ ・ ・
男を殺したという人
・ ・ ・ ・ ・
手中の小刀を使って夫を殺した。
死霊
・ ・ ・ ・ ・
巫女の口を借りた死霊

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)