0
藪の中
3話 検非違使に問われたる放免の物語
藪の中(芥川龍之介の作品)第3話 「検非違使に問われたる放免の物語」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!
放免

わたしが搦《から》め取った男でございますか?

放免

これは確かに多襄丸《たじょうまる》と云う、名高い盗人《ぬすびと》でございます。

放免

もっともわたしが搦《から》め取った時には、馬から落ちたのでございましょう、粟田口《あわだぐち》の石橋《いしばし》の上に、うんうん呻《うな》って居りました。

放免

時刻でございますか? 時刻は昨夜《さくや》の初更《しょこう》頃でございます。

放免

いつぞやわたしが捉《とら》え損じた時にも、やはりこの紺《こん》の水干《すいかん》に、打出《うちだ》しの太刀《たち》を佩《は》いて居りました。

放免

ただ今はそのほかにも御覧の通り、弓矢の類さえ携《たずさ》えて居ります。

放免

さようでございますか? あの死骸の男が持っていたのも、——では人殺しを働いたのは、この多襄丸に違いございません。

放免

革《かわ》を巻いた弓、黒塗りの箙《えびら》、鷹《たか》の羽の征矢《そや》が十七本、——これは皆、あの男が持っていたものでございましょう。

放免

はい。馬もおっしゃる通り、法師髪《ほうしがみ》の月毛《つきげ》でございます。その畜生《ちくしょう》に落されるとは、何かの因縁《いんねん》に違いございません。

放免

それは石橋の少し先に、長い端綱《はづな》を引いたまま、路ばたの青芒《あおすすき》を食って居りました。

放免

この多襄丸《たじょうまる》と云うやつは、洛中《らくちゅう》に徘徊する盗人の中でも、女好きのやつでございます。

放免

昨年の秋|鳥部寺《とりべでら》の賓頭盧《びんずる》の後《うしろ》の山に、物詣《ものもう》でに来たらしい女房が一人、女《め》の童《わらわ》と一しょに殺されていたのは、こいつの仕業《しわざ》だとか申して居りました。

放免

その月毛に乗っていた女も、こいつがあの男を殺したとなれば、どこへどうしたかわかりません。差出《さしで》がましゅうございますが、それも御詮議《ごせんぎ》下さいまし。