0
藪の中
2話 検非違使に問われたる旅法師の物語
藪の中(芥川龍之介の作品)第2話 「検非違使に問われたる旅法師の物語」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!
旅法師

あの死骸の男には、確かに昨日《きのう》遇《あ》って居ります。昨日の、——さあ、午頃《ひるごろ》でございましょう。

旅法師

場所は関山《せきやま》から山科《やましな》へ、参ろうと云う途中でございます。あの男は馬に乗った女と一しょに、関山の方へ歩いて参りました。

旅法師

女は牟子《むし》を垂れて居りましたから、顔はわたしにはわかりません。見えたのはただ萩重《はぎがさ》ねらしい、衣《きぬ》の色ばかりでございます。

旅法師

馬は月毛《つきげ》の、——確か法師髪《ほうしがみ》の馬のようでございました。

旅法師

丈《たけ》でございますか? 丈は四寸《よき》もございましたか? ——何しろ沙門《しゃもん》の事でございますから、その辺ははっきり存じません。

旅法師

男は、——いえ、太刀《たち》も帯びて居《お》れば、弓矢も携《たずさ》えて居りました。

旅法師

殊に黒い塗《ぬ》り箙《えびら》へ、二十あまり征矢《そや》をさしたのは、ただ今でもはっきり覚えて居ります。

旅法師

あの男がかようになろうとは、夢にも思わずに居りましたが、真《まこと》に人間の命なぞは、如露亦如電《にょろやくにょでん》に違いございません。

旅法師

やれやれ、何とも申しようのない、気の毒な事を致しました。