倫敦塔
目次
倫敦塔(夏目漱石の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

倫敦塔

青空文庫作品

漱石は1900年(明治33年)10月から1902年(明治35年)12月までの2年間、文部省留学生としてロンドンに留学した。この折のロンドン塔見物を題材にしたものである。作者自身が末尾にこの作品が想像であることを記している。(引用:Wikipedia)

主な登場人物

・ ・ ・ ・ ・
語り手
・ ・ ・ ・ ・
寝台の端にいた二人の小児
・ ・ ・ ・ ・
寝台の端にいた二人の小児
婦人
・ ・ ・ ・ ・
婦人
牢守
・ ・ ・ ・ ・
倫敦塔の牢守
背の高い人
・ ・ ・ ・ ・
首斬り
背の低い人
・ ・ ・ ・ ・
首斬り
ビーフ・イーター
・ ・ ・ ・ ・
倫敦塔の番人
男の子
・ ・ ・ ・ ・
男の子
若い女
・ ・ ・ ・ ・
若い女
髯の男
・ ・ ・ ・ ・
首斬り
歌の主
・ ・ ・ ・ ・
首斬り
坊さん
・ ・ ・ ・ ・
坊さん
宿の主人
・ ・ ・ ・ ・
二十世紀の倫敦人

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)