地獄変
目次
地獄変(芥川龍之介の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

地獄変

青空文庫作品

時は平安時代。絵仏師の良秀は高名な天下一の腕前として都で評判だったが、その一方で猿のように醜怪な容貌を持ち、恥知らずで高慢ちきな性格であった。そのうえ似顔絵を描かれると魂を抜かれる、彼の手による美女の絵が恨み言をこぼすなどと、怪しい噂にもこと欠かなかった。この良秀には娘がいた。親に似もつかないかわいらしい容貌とやさしい性格の持ち主で、当時権勢を誇っていた堀川の大殿に見初められ、女御として屋敷に上がった。娘を溺愛していた良秀はこれに不満で、事あるごとに娘を返すよう大殿に言上していたため、彼の才能を買っていた大殿の心象を悪くしていく。(引用:Wikipedia)

主な登場人物

良秀
・ ・ ・ ・ ・
絵師
・ ・ ・ ・ ・
良秀の娘
若殿様
・ ・ ・ ・ ・
堀川の若殿様
大殿様
・ ・ ・ ・ ・
堀川の大殿様
弟子
・ ・ ・ ・ ・
良秀の弟子
僧都様
・ ・ ・ ・ ・
横川の僧都様

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)