太宰治
紹介ページ
太宰治の代表作品や生涯をご紹介|無料小説投稿サイトBookChat

太宰治

太宰 治(だざい おさむ、1909年(明治42年)6月19日 - 1948年(昭和23年)6月13日)は、日本の小説家である。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。
(引用:wikipedia)

太宰治の作品一覧

人間失格

太宰治の作品

人間失格

太宰治の作品

青空文庫

『人間失格』(にんげんしっかく)は、小説家・太宰治による中編小説。『ヴィヨンの妻』『走れメロス』『斜陽』...

ヴィヨンの妻

太宰治の作品

ヴィヨンの妻

太宰治の作品

青空文庫

作者を髣髴させる、元男爵の次男だという帝大出の詩人の妻「さっちゃん」の視点で、大谷と彼を取り巻く人々の言...

走れメロス

太宰治の作品

走れメロス

太宰治の作品

青空文庫

『走れメロス』(はしれメロス)は、太宰治の短編小説。処刑されるのを承知の上で友情を守ったメロスが、人の心...

女生徒

太宰治の作品

女生徒

太宰治の作品

青空文庫

「女生徒」(じょせいと)は、太宰治の短編小説。 1938年(昭和13年)9月に女性読者有明淑(当時19...

斜陽

太宰治の作品

斜陽

太宰治の作品

青空文庫

没落していく人々を描いた太宰治の代表作で、没落していく上流階級の人々を指す「斜陽族」という意味の言葉を生...

 I can speak 

太宰治の作品

 I can speak 

太宰治の作品

青空文庫

太宰治の短編小説。

グッド・バイ

太宰治の作品

グッド・バイ

太宰治の作品

青空文庫

太宰治の短編小説。初出:「朝日評論」1948(昭和23)年7月

あさましきもの

太宰治の作品

あさましきもの

太宰治の作品

青空文庫

太宰治の短編小説。 【書き出し】 賭弓《のりゆみ》に、わななく/\久しうありて、はづしたる矢の、...