0
小学教育の事
4話 四
小学教育の事(福沢諭吉の作品)第4話 「四」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

方今《ほうこん》、世の識者が小学校の得失を論じ、その技芸の教授を先にして道徳の教を後にするを憂《うれう》る者なきに非ず。

たとえば、天文、地理、究理、化学等は技芸なり。孝悌忠信は道徳なり。

究理化学を学び得るも、孝悌忠信の道を知らざれば、世の風俗は次第に悪しくなるべしとて、もっぱら儒者の教を主張して、あるいは小学校の読本に、『論語』、『大学』等の如き経書《けいしょ》を用いんとするの説あり。

この説、はなはだ理あり。人としてただ技芸のみを知り、道の何ものたるを弁《わきま》えずんば、ほとんど禽獣に近し。道徳の教、はなはだ大切なりといえども、余輩の考は少しくこれに異なり。

その異なる所は道徳を不用なりというには非ず。小学校に『論語』『大学』の適当せざるをいうなり。

今の日本の有様にて、今の小学校はただ、下民《かみん》の子供が字を学び数を知るまでの場所にて、成学の上、ひと通りの筆算帳面のつけようにてもできれば満足すべきものなり。

技芸も道徳も未《いま》だ顧《かえりみ》るにいとまあらず。

儒者にかぎらず、洋学者流も、この辺の事情については、はなはだ粗漏《そろう》迂闊《うかつ》の罪をまぬかれ難し。

小学の教則に、さまざま高上なる課目をのせ、技芸も頂上に達して、画学、音楽、唱歌、体操等を教授せんとする者あるが如し。田舎の百姓の子に体操とは何事ぞ。

草を刈り、牛を飼い、草臥《くたびれ》はてたるその子供を、また学校に呼びて梯子登りの稽古か、難渋至極というべし。

『論語』『大学』の教もまた、この技芸の如し。今の百姓の子供に、四角な漢字の素読《そどく》を授け、またはその講釈するも、もとより意味を解すものあるべからず。

いたずらに双方の手間潰《てまつぶ》したるべきのみ。

古来、田舎にて好事《ものずき》なる親が、子供に漢書を読ませ、四書五経を勉強する間に浮世の事を忘れて、変人奇物の評判を成し、生涯、身を持て余したる者は、はなはだ少なからず。

ひっきょう、技芸にても道徳にても、これを教うるに順序を誤り場所を誤るときは、有害無益たるべし。

今の小学校は高上なる技芸・道徳を教うる場所に非ざるなり。

小学校の教育は、いつにても廃学のときに、幾分か生徒の身に実《じつ》の利益をつけて、生涯の宝物となすべきこと、余輩の持論なり。

ゆえに人民の貧富、生徒の才・不才に応じて、国中の学校も二種に分れざるをえず。

すなわち一は普通の人民に日用の事を教うる場所にして、一は学者の種《たね》を育つる場所なり。銭《ぜに》あり才あるものは、もとより今の小学校にとどまるべからず。

あるいは最初よりこれに入らずして、上等の学校に入るべし。すなわち地方に中学校の入用というも、このわけなり。

小中大といえば、順序をへて次第に上るべきように聞《きこゆ》れども、事実、人の貧富、才・不才にしたがって、はじめより区別するか、あるいは入学の後、自然にその区別なきを得ず。

世の中の大勢これをいかんともすべからざるなり。

右の如く学校の種類を二に分けて、その上等のものには、道徳の教に四書五経を用ゆべきやというに、ここにいたっても、余輩にはまた少しく説あり。

道徳の教も人の教育の一カ条にして、必ず欠くべからざるものたるは論をまたず。たとえば人の生活に塩の欠くべからざるが如し。

而《しこう》してその教の種類には、儒もあり、仏もあり、また神道、耶蘇もあり、たいてい同様のものならん。

されども、日本には古来、儒者の道、もっとも繁昌したるゆえに、まず慣れたるものを用うるとして、かりに儒にしたがうも、今の儒者をしてそのまま得意の四書五経を講論せしめて、もって道徳の教に十分なりとはなし難し。

聖人の本意は、後世より測り知るべからざるものとして、しばらくこれを擱《さしお》き、その聖人の道と称して、数百年も数千年も、儒者のこれを人に教えて、人のこれを信じたる趣《おもむき》をみれば、欠点、はなはだ少なからず。

就中《なかんずく》、その欠点の著しきものは、孝悌忠信、道徳の一品をもって人生を支配せんとするの気風、これなり。

とりも直さず、塩の一味《ひとあじ》をもって人の食物に供せんとするに異《こと》ならず。塩は食物に大切なり。これを欠くべからずといえども、一味をもって生を保つべからず。

けだしこの一味《ひとあじ》、つまりは聖人の本意にも非ず、また後世の儒者にても、その本意に背《そむ》くを知りてこれを弁ずる者ありといえども、いかんせん、世人の精神に感ずるところは、道徳の一品をもって身を立《たつ》るの資本となし、無芸にても無能にても、これに頓着《とんちゃく》せざる者あるが如し。

その趣《おもむき》は、著者と読者との間に誤解を生じ、教育と学者との間に意味の通ぜざるが如し。

すでに誤解を生じて意味の通ぜざることあれば、その本意の性質にかかわらず、これを不十分なりといわざるをえず。

然りといえども世の中の事はすべて平均をもって成るものなれば、この平均を得るときは、何事にてもほとんど害悪なきものなり。

古来、日本の教を道徳と技芸との両様に区別して、その釣合いかんを尋ぬれば、甲重くして乙軽しといわざるをえず。

すなわち徳あまりありて智足らざるなり。

余輩もとよりこの徳の量を減ぜんというに非ず。

勉めて智の不足を足して、すでにあまりある徳の量にひとしからしめ、もって文明の度をいっそうの高きに置かんと欲するなり。

ゆえに今の儒者も道徳の一味に安んずることなくして、勉て智学に志し、智徳その平均を得て、はじめて四書五経をも講論せしむべきなり。