0
小学教育の事
3話 三
小学教育の事(福沢諭吉の作品)第3話 「三」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

筆算と十露盤《そろばん》といずれか便利なりと尋ぬれば、両様ともに便利なりと答うべし。

石盤と石筆との価、十露盤よりも高からず、その取扱もまた十露盤に異ならず。かつ、筆算は一人の手にかない、十露盤は二人を要す。

算の遅速《ちそく》は同様なるも、一人の手間《てま》だけははぶくべし。

ここにて考うれば、筆算に便利あるが如くなれども、数の文字、十字だけは、横文《おうぶん》を知らずしてかなわぬことなれば、今の学校にて教育を受けたるものよりほかには通用すべからず。

たとい学校にて加減乗除・比例等の術を学び得て家に帰るも、世間一般は十露盤の世界にしてたちまち不都合あり。

父兄はもちろん、取引先きも得意先きも、十露盤ばかりのその相手に向い、君は旧弊の十露盤、僕は当世の筆算などと、石筆をもって横文字を記すとも、旧弊の連中、なかなかもって降参の色なくして、筆算はかえって無算視《むさんし》せらるるの勢なり。

いわんや、その筆算の加減乗除も少しく怪しき者においてをや。学校の勉強はまったく水の泡《あわ》なり。

もしもこの生徒が入学中に十露盤の稽古《けいこ》したることならば、その初歩に廃学するも、雑用帳の〆揚《しめあ》げぐらいは出来《でき》て、親の手助けにもなるべきはずなるに、虎の画を学んで猫とも犬とも分らぬもののできたるさまなり。

つまり猫ならばはじめから猫を学ぶの便利にしかず。

理屈においては筆算と十露盤とともに便利なれども、今の浮世の事実においては、筆算は不便利といわざるをえざるなり。

小学には少しく縁の遠きことなれども、筆算のついでに記簿|帳合《ちょうあい》の事をいわん。

明治の初年、余が始めて西洋|簿記法《ぼきほう》の書を読み、その後これを翻訳して『帳合之法』二冊を出版せしころより、世間にもようやく帳合の大切なるを知り、近来は稀《まれ》に俗間にもこの帳合法を用うるものあり。

然るに西洋流の帳面をそのままに用い、横文の数字を横に記して、人の姓名も取引の事柄も日本の字を横に書き、いわば額面《がくめん》の文字を左の方から読む趣向にするものありと聞けり。

この趣向はなはだ便利なり。

第一、西洋の帳面を摸製するにやすく、あるいは摸製せざるも出来合《できあい》の売物もあり。

第二、文字こまかに帳面薄くして取扱に便利なり。

少しく横文字の心得ある者なれば、西洋の記簿法を翻訳するにも及ばず、ただちにその法にしたがってその帳面を用ゆべしといえども、今後永年の間、日本国中に帳合法流行の盛否《せいひ》に関しては、おおいに不便利なるものあり。

そもそも帳合法の大切なるは、いまさらいうまでもなし。帳合の法を知らずして商売する者は、道を知らずして道を歩行する人の如し。

風致《ふうち》もなく快楽もなきのみならず、あるいは行過ぎ、あるいは回り道して、事実に大なる損亡を蒙《こうむ》る者なきに非ず。

一身一家の不始末はしばらくさしおき、これを公《おおやけ》に論じても、税の収納、取引についての公事《くじ》訴訟、物産の取調べ、商売工業の盛衰等を検査して、その有様を知らんとするにも、人民の間に帳合法のたしかなる者あらざれば、暗夜に物を探るが如くにして、これに寄つくべき方便なし。

日本にて統計表の不十分なるも、その罪、多くは帳合法のふたしかなるによるものなり。

帳合法の大切なることかくの如く、これを民間に用うるは、公私の為に欠くべからざるの急なれども、今これを記すに横文の数字を用い、額に等しき左行の日本語を書き、ついにこれを世間に流行せしむるの見込あるべきや。

余輩には断じてその見込あることなし。

草書を楷書に変じ、平仮名を片仮名にせんとするも、容易に行われ難き通俗世界の人民へ、横文左行の帳合法を示すも、人民はその利害得失を問うにいとまあらず、まずその外見の体裁に驚きてこれを避くることならん。

ゆえに、今の横文字の帳合法は、一家に便利なり、上等の社会に便利なり、学者の流《りゅう》に適すべし、官員の仲間に適すべしといえども、人民の社会には適当せざるのみならず、かえってその体裁の怪しきがために、法の実用をも嫌わしむるものというべし。

この官員なり、また学者なり、永遠無窮、人民と交際を絶つの覚悟ならばすなわち可ならんといえども、いやしくも上流の知見を下流に及さんとするには、その入門の路をやすくして、帳合にも日本の縦《たて》の文字を用い、法を西洋にして体裁を日本にせんこと、一大緊要の事なり。

たとえば学者先生の家にしても、横の帳合法は、主人に便利にして、細君に不便利ならん。

この主人が、家計の事についてはまったく細君をして知らしめず、主人と細君とあたかも他人の如くならんとするの覚悟ならば、すなわち可《か》ならんといえども、夫婦ともに一家の経済を始末せんと思わば、婦人にも分りやすき法を用うるこそ策の得たるものというべけれ。

その利害、もとより明白にして、喋々《ちょうちょう》弁論するにも及ばざることなり。

ある人の考に、日本の文字を用うれば、人の姓名を記し事柄を書くには、もとより便利なれども、数字にいたっては、二五八三と記して二千五百八十三と解《げ》すは、これまた人民社会に不通用のことなりとの説もあれども、ひっきょう、縦の文字を縦に用うることにて、人を驚かすほどの奇に非ず。

一二三の字は如何なる下等の民もたいてい知らざるものなし。ただその用法に心を用うるのみにして足るべし。

西洋の数字にいたっては、わずかに十字なりといえども、開闢《かいびゃく》以来、人の知らざるものなれば、これを学ぶにも多少の精神を費さざるをえず。

すでに字の形を学ぶに精神を費し、またその用法をことにす。これを日本の数字に比し、便不便はいわずして明らかなり。

結局、今の横文帳合はなにほどに流行するも、早晩、いずれのところにか突当りて、上流と下流との関所を生ぜざるをえず。

縦の帳合はその入門の路、たとい困難なるも、関所を生ずるの患《うれい》なし。

たとえば今、日本大政府の諸省に用うる十露盤も、寒村|僻邑《へきゆう》の小店に用うる十露盤も、乗除の声に異同なきは、上下の勘定法に関所なきものなり。

帳合の法もかくありたきことと余輩の願う所なり。

あるいはまた前の如く、二五八三と記すを不便なりといえば、平たく二千五百八十三円と記して、西洋帳合の趣意にしたがうべき仕方もあり。

その説はこれを他日に譲る。