0
小学教育の事
1話 一
小学教育の事(福沢諭吉の作品)第1話 「一」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

教育とは人を教え育つるという義にして、人の子は、生れながら物事を知る者に非ず。

先きにこの世に生れて身に覚えある者が、その覚えたることを二代目の者に伝え、二代目は三代目に授けて、人間の世界の有様を次第次第に良き方に進めんとする趣意なれば、およそ人の子たる者は誰れ彼れの差別なく、必ず教育の門に入らざるをえず。

いかなる才子・達人にても、人に学ばずして自から得たるためしあることを聞かず。教育は全国一般にあまねくすべきものなり。

教育の大切なることかくの如し。国中一般に行届きて、誰れも彼れも学者に仕立《したて》たきことなれども、今日の事業において決して行われ難し。

子供に病身なる者あり、不具なる者あり。家内に病人あり、災難あり。いずれも皆、子供の教育に差支《さしつかえ》たるべきものなり。

されどもこれらは非常別段のこととして、ここにその差支のもっともはなはだしく、もっとも広きものあり。

すなわち他にあらず、身代《しんだい》の貧乏、これなり。

およそ日本国中の人口三千四、五百万、戸数五、六百万の内、一年に子供の執行金《しゅぎょうきん》五十円ないし百円を出して差支なき者は、幾万人もあるべからず。

一段下りて、本式の学問執行は手に及ばぬことなれども、月に一、二十銭の月謝を出すか、または無月謝なれば、子供の教育を頼むという者、また幾十万の数あるべし。

それより以下幾百万の貧民は、たとい無月謝にても、あるいはまた学校より少々ずつの筆紙墨など貰うほどのありがたき仕合《しあわせ》にても、なおなお子供を手離すべからず。

八歳の男の子には、草を刈らせ牛を逐《お》わせ、六歳の妹には子守の用あり。学校の教育、願わしからざるに非ず。

百姓の子が学問して後に立身するは、親の心にあくまでも望む所なれども、いかんせん、その子は今日|家内《かない》の一人にして、これを手離すときはたちまち世帯《せたい》の差支となりて、親子もろとも飢寒《きかん》の難渋《なんじゅう》まぬかれ難し。

これを下等の貧民幾百万戸一様の有様という。

貧民の有様、かくの如しといえども、近年は政府よりもしきりに御世話、市在《しざい》の老人たちもしきりに説諭、また一方には、日本の人民も久しく太平文化の世に慣れて、教育の貴《たっと》きゆえんを知り、

貧苦の中にも、よくその子を教育の門に入らしめ、もって今日の盛なるにいたりしは、国のために目出度《めでたき》ことというべし。

然りといえども、物事には必ずかぎりある者にて、たとい貧民が奮発するも、子を教育するがために、事実、家内の飢寒を忍ぶべからず。

すなわち飢寒と教育と相対《あいたい》して、この界《さかい》をば決して踰《こ》ゆべからざるものなり。

ゆえに今、文部省より定めたる小学校の学齢、六歳より十四歳まで八年の間とあれども、貧民は決してこの八年の間、学に就く者なし。

最初より学校に入らざる者はしばらくさしおき、たとい一度入学するも、一年にしてやめにする者あり、二年にして廃学する者あり。

その廃学するとせざるとは、たいてい家の貧富の割合にしたがうものにして、廃する者は多く、廃せざる者は少なし。

飢寒と教育と正《まさ》しく相対してその割合の違《たが》わざること、もって知るべし。

されば今、日本国中に小学の生徒は必ず中途にて廃学すること多き者と認めざるをえず。

すでに廃学に決してとどむべからざる者なれば、たとい廃学するも、その廃学の日までに学び得たることをもって、なおその者の生涯の利益となすべき工夫なかるべからず。

今日学務においてもっとも大切なることなれば、いささか余が所見を述《のぶ》ること左の如し。

各地方小学教師のために備考の一助ともならば幸甚《こうじん》のみ。