0
手紙
5話 五
手紙(夏目漱石の作品)第5話 「五」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

食事が済んで下女が膳《ぜん》をさげたのは、もう九時近くであった。

それでも重吉はまだ顔を見せなかった。

自分はひとりで縁鼻へ座ぶとんを運んで、手摺《てす》りにもたれながら向こう座敷の明るい電気燈やはでな笑い声を湿っぽい空気の中から遠くうかがってつまらない心持ちをつまらないなりに引きずるような態度で、煙草《たばこ》ばかり吹かしていた。

そこへさっきの下女が襖《ふすま》をあけて、やっといらっしゃいましたと案内をした。

そのあとから重吉が赤い顔をしてはいってきた。

自分は重吉の赤い顔をこの時はじめて見た。

けれども席に着いて挨拶《あいさつ》をする彼の様子といい、言葉数といい、抑揚《あげさげ》の調子といい、すべてが平生の重吉そのままであった。

自分は彼の言語動作のいずれの点にも、酒気に駆られて動くのだと評してしかるべききわだった何物をも認めなかったので、異常な彼の顔色については、別にいうところもなく済ました。

しばらくして彼は茶器を代えに来た下女の名を呼んで、コップに水を一ぱいくれと頼んだ。

そうして自分の方を見ながら、どうも咽喉《のど》がかわいてと間接な弁解をした。

自分

「だいぶ飲んだんだね」

重吉

「ええお祭りで、少し飲まされました」

赤い顔のことは簡単にこれで済んでしまった。

それからどこをどう話が通ったか覚えていないが、三十分ばかりたつうちに、自分も重吉もいつのまにか、いわゆる「あのこと」の圏内で受け答えをするようになった。

自分

「いったいどうする気なんだい」

重吉

「どうする気だって、——むろんもらいたいんですがね」

自分

「真剣のところを白状しなくっちゃいけないよ。いいかげんなことを言って引っ張るくらいなら、いっそきっぱり今のうちに断わるほうが得策だから」

重吉

「いまさら断わるなんて、僕はごめんだなあ。実際|叔父《おじ》さん、僕はあの人が好きなんだから」

重吉の様子にどこといって嘘《うそ》らしいところは見えなかった。

自分

「じゃ、もっと早くどしどしかたづけるが好いじゃないか、いつまでたってもぐずぐずで、はたから見ると、いかにも煮え切らないよ」

重吉は小さな声でそうかなと言って、しばらく休んでいたが、やがて元の調子に戻って、こう聞いた。

重吉

「だってもらってこんないなかへ連れてくるんですか」

自分はいなかでもなんでもかまわないはずだと答えた。

重吉は先方がそれを承知なのかと聞き返した。

自分はその時ちょっと困った。実はそんな細かなことまで先方の意見を確かめたうえで、談判に来たわけではなかったのだからである。

けれども行きがかり上やむをえないので、

自分

「そう話したら、承知するだろうじゃないか」

と勢いよく言ってのけた。

すると、重吉は問題の方向を変えて、目下の経済事情が、とうてい暖かい家庭を物質的に形づくるほどの余裕をもっていないから、しばらくのあいだひとりでしんぼうするつもりでいたのだという弁解をしたうえ、

最初の約束によれば、ことしの暮れには月給が上がって東京へ帰れるはずだから、その時は先さえ承知なら、どんな小さな家でも構えて、お静さんを迎える考えだと話した。

もし事が約束どおりに運ばないため、月給も上がらず、東京へも帰れなかったあかつきには、その時こそ、先方さえ異存がなければ、自分の言ったようにする気だから、なにぶんよろしく頼むということもつけ加えた。

自分は一応もっともだと思った。

自分

「そうお前の腹がきまってるなら、それでいい。叔母《おば》さんも安心するだろう。お静さんのほうへも、よくそう話しておこう」

重吉

「ええどうぞ——。しかし僕の腹はたいてい貴方《あなた》がたにはわかってるはずですがねえ」

自分

「そんなら、あんな返事をよこさないがいいよ。ただよろしく願いますだけじゃなんだかいっこうわからないじゃないか。そうして、あのはがきはなんだい、私はまだ道楽を始めませんから、だいじょうぶですって。本気だか冗談だかまるで見当がつかない」

重吉

「どうもすみません。——しかしまったく本気なんです」

と言いながら、重吉は苦笑して頭をかいた。

「あのこと」はそれで切り上げて、あとはまとまらない四方山《よもやま》の話に夜《よ》をふかした。

せっかくだから二、三日|逗留《とうりゅう》してゆっくりしていらっしゃいと勧めてくれるのを断わって、やはりあくる日立つことにしたので、重吉はそんならお疲れでしょう、早くお休みなさいと挨拶して帰っていった。