蜘蛛の糸
目次
蜘蛛の糸(芥川龍之介の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

蜘蛛の糸

青空文庫作品

釈迦はある日の朝、極楽を散歩中に蓮池を通して下の地獄を覗き見た。罪人どもが苦しんでいる中にカンダタ(犍陀多)という男を見つけた。カンダタは殺人や放火もした泥棒であったが、過去に一度だけ善行を成したことがあった。それは林で小さな蜘蛛を踏み殺しかけて止め、命を助けたことだ。それを思い出した釈迦は、彼を地獄から救い出してやろうと、一本の蜘蛛の糸をカンダタめがけて下ろした。(引用:Wikipedia)

主な登場人物

犍陀多
・ ・ ・ ・ ・
主人公

レビュー1件

1件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)

夏目漱石

とても面白かった!また読みたいです!