江戸川乱歩
紹介ページ
江戸川乱歩の代表作品や生涯をご紹介|無料小説投稿サイトBookChat

江戸川乱歩

大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家である。また、戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所(ミリオン資料サービス)に勤務していた経歴を持つ。(引用:Wikipedia)

江戸川乱歩の作品一覧

怪人二十面相

江戸川乱歩の作品

怪人二十面相

江戸川乱歩の作品

青空文庫

20の違う顔を持っていると言われる変装名人であり、盗む際には予告状を送ることで新聞を賑わせている大怪盗怪...

二銭銅貨

江戸川乱歩の作品

二銭銅貨

江戸川乱歩の作品

青空文庫

『二銭銅貨』(にせんどうか)は1923年(大正12年)に江戸川乱歩が発表した短編推理小説であり、探偵小説...

押絵と旅する男

江戸川乱歩の作品

押絵と旅する男

江戸川乱歩の作品

青空文庫

乱歩は自作の自己評価に厳しいことで有名だが、この作品に関しては「ある意味では、私の短篇の中ではこれが一番...

D坂の殺人事件

江戸川乱歩の作品

D坂の殺人事件

江戸川乱歩の作品

青空文庫

D坂で起きた密室殺人事件を“私”と素人探偵“明智小五郎”が追及していくという短編推理小説。江戸川乱歩が自...

人間椅子

江戸川乱歩の作品

人間椅子

江戸川乱歩の作品

青空文庫

『人間椅子』(にんげんいす)は、江戸川乱歩の著した短編小説である。『苦楽』1925年(大正14年)9月号...

少年探偵団

江戸川乱歩の作品

少年探偵団

江戸川乱歩の作品

青空文庫

東京で次々と起きる少女誘拐事件。そして篠崎家に忍び寄る黒い影。「呪いの宝石」の言い伝えは事実なのか。これ...

パノラマ島綺譚

江戸川乱歩の作品

パノラマ島綺譚

江戸川乱歩の作品

青空文庫

売れない物書きの人見廣介は、定職にも就かない極貧生活の中で、自身の理想郷を夢想し、それを実現することを夢...

まほうやしき

江戸川乱歩の作品

まほうやしき

江戸川乱歩の作品

青空文庫

江戸川乱歩の短編小説。

指環

江戸川乱歩の作品

指環

江戸川乱歩の作品

青空文庫

江戸川乱歩の短編小説。

屋根裏の散歩者

江戸川乱歩の作品

屋根裏の散歩者

江戸川乱歩の作品

青空文庫

郷田三郎は学校を出ても定職に就かず、親の仕送りを受けて暮らしている。酒、女をはじめあらゆる遊戯に興味を持...

日記帳

江戸川乱歩の作品

日記帳

江戸川乱歩の作品

青空文庫

江戸川乱歩の短編小説。初出:「写真報知」報知新聞社、1925(大正14)年3月5日

踊る一寸法師

江戸川乱歩の作品

踊る一寸法師

江戸川乱歩の作品

青空文庫

初出:「新青年」博文館、1926(大正15)年1月

バンクーバー徒然日記

江戸川乱歩の作品

バンクーバー徒然日記

江戸川乱歩の作品

青空文庫

主人公・ひかりが、カナダ・バンクーバーでの体験を徒然と綴る物語。

★★★★☆
1件のレビュー

テスト投稿

江戸川乱歩の作品

テスト投稿

江戸川乱歩の作品

青空文庫

これはテストです。これはテストです。これはテストです。これはテストです。これはテストです。これはテストで...

★☆☆☆☆
1件のレビュー