何んでも無い
目次
何んでも無い(夢野久作の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

何んでも無い

青空文庫作品

探偵小説作家夢野久作の短編小説集『少女地獄』に掲載されている。

医師・臼杵の前に可憐な19歳の少女・姫草ユリ子が現れた。ユリ子は優秀な看護婦だが、虚言癖があった。それが臼杵や周囲の者にばれると姿を消す。1ヶ月後、ユリ子が自殺したという知らせが届くが……。(引用:Wikipedia)

主な登場人物

臼杵
・ ・ ・ ・ ・
臼杵利平。医師
ユリ子
・ ・ ・ ・ ・
姫草ユリ子
曼陀羅
・ ・ ・ ・ ・
医師
臼杵の妻
・ ・ ・ ・ ・
松子
臼杵の姉
・ ・ ・ ・ ・
臼杵の姉
偽の白鷹先生
・ ・ ・ ・ ・
電話相手の男性
給仕
・ ・ ・ ・ ・
倶楽部の給仕
酔っ払い達
・ ・ ・ ・ ・
酔っ払い達
白鷹先生
・ ・ ・ ・ ・
白鷹先生
宇東
・ ・ ・ ・ ・
宇東三五郎。東都日報支局主任。臼杵の中学時代の同窓
田宮
・ ・ ・ ・ ・
田宮特高課長
山内
・ ・ ・ ・ ・
看護師
伯母
・ ・ ・ ・ ・
ユリ子の身元引受人になっている下谷の伯母

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)