オツベルと象
目次
オツベルと象(宮沢賢治の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

オツベルと象

青空文庫作品

ある日、地主のオツベルのところに大きな白い象がやってくる。オツベルは象をうまく騙して自分の所有物にし、過酷な労働を課す。そうとは露知らず、初めは労働を楽しんでいた白象だが、徐々に食べ物を減らされて弱っていく。白象は月の助言で仲間たちに手紙を書き、それを読んだ仲間の象たちはオツベルの邸へと押し寄せていく。(引用:Wikipedia)

主な登場人物

オツベル
・ ・ ・ ・ ・
大金持ちの大地主
白象
・ ・ ・ ・ ・
オツベルに騙されて奴隷にされる
・ ・ ・ ・ ・
白象が話しかけていた月
童子
・ ・ ・ ・ ・
赤い着物の童子
仲間の象
・ ・ ・ ・ ・
仲間の象
百姓達
・ ・ ・ ・ ・
百姓達

レビュー1件

1件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)

ももぐれ