よだかの星
目次
よだかの星(宮沢賢治の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

よだかの星

青空文庫作品

かつて国語の教科書にも採用された、有名な作品である。小学生向けには、弱い者いじめや外見の美醜による差別の否定といった教訓が中心となるが、より核心的に見れば、自らの「存在」への罪悪感から体を燃やして星へと転生するよだかの姿は、賢治の仏教思想(日蓮宗の系統)と併せて、彼が終生抱き続けた「自らの出自に対する罪悪感」を色濃く反映したものとして、宮沢賢治を論じる際にしばしば引き合いに出される。また、賢治の「自己犠牲」の物語の系譜に位置づけられている。(引用:Wikipedia)

主な登場人物

よだか
・ ・ ・ ・ ・
主人公
鳥達
・ ・ ・ ・ ・
鳥達
・ ・ ・ ・ ・
川せみ
・ ・ ・ ・ ・
川せみ
お日さま
・ ・ ・ ・ ・
お日さま
大犬座
・ ・ ・ ・ ・
大犬座
大熊星
・ ・ ・ ・ ・
大熊星
鷲の星
・ ・ ・ ・ ・
鷲の星

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)