0
牛をつないだ椿の木
5話 五
牛をつないだ椿の木(新美南吉の作品)第5話 「五」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

それから二|年《ねん》たちました。

牛《うし》が葉《は》をたべてしまった椿《つばき》にも、花《はな》が三つ四つ咲《さ》いたじぶんの或《あ》る日《ひ》、海蔵《かいぞう》さんは半田《はんだ》の町《まち》に住《す》んでいる地主《じぬし》の家《いえ》へやっていきました。

海蔵《かいぞう》さんは、もう二《ふ》タ月《つき》ほどまえから、たびたびこの家《いえ》へ来《き》たのでした。

井戸《いど》を掘《ほ》るお金《かね》はだいたいできたのですが、いざとなって地主《じぬし》が、そこに井戸《いど》を掘《ほ》ることをしょうちしてくれないので、何度《なんど》も頼《たの》みに来《き》たのでした。

その地主《じぬし》というのは、牛《うし》を椿《つばき》につないだ利助《りすけ》さんを、さんざん叱《しか》ったあの老人《ろうじん》だったのです。

海蔵《かいぞう》さんが門《もん》をはいったとき、家《いえ》の中《なか》から、ひえっというひどいしゃっくりの音《おと》がきこえて来《き》ました。

たずねて見《み》ると、一昨日《いっさくじつ》から地主《じぬし》の老人《ろうじん》は、しゃっくりがとまらないので、すっかり体《からだ》がよわって、床《とこ》についているということでした。

それで、海蔵《かいぞう》さんはお見舞《みま》いに枕《まくら》もとまできました。

老人《ろうじん》は、ふとんを波《なみ》うたせて、しゃっくりをしていました。そして、海蔵《かいぞう》さんの顔《かお》を見《み》ると、

地主

「いや、何度《なんど》お前《まえ》が頼《たの》みにきても、わしは井戸《いど》を掘《ほ》らせん。しゃっくりがもうあと一|日《にち》つづくと、わしが死《し》ぬそうだが、死《し》んでもそいつは許《ゆる》さぬ。」

と、がんこにいいました。

海蔵《かいぞう》さんは、こんな死《し》にかかった人《ひと》と争《あらそ》ってもしかたがないと思《おも》って、しゃっくりにきくおまじないは、茶《ちゃ》わんに箸《はし》を一|本《ぽん》のせておいて、ひといきに水《みず》をのんでしまうことだと教《おし》えてやりました。

門《もん》を出《で》ようとすると、老人《ろうじん》の息子《むすこ》さんが、海蔵《かいぞう》さんのあとを追《お》ってきて、

地主の息子

「うちの親父《おやじ》は、がんこでしようがないのですよ。そのうち、私《わたし》の代《だい》になりますから、そしたら私《わたし》があなたの井戸《いど》を掘《ほ》ることを承知《しょうち》してあげましょう。」

といいました。

海蔵《かいぞう》さんは喜《よろこ》びました。あの様子《ようす》では、もうあの老人《ろうじん》は、あと二、三|日《にち》で死《し》ぬに違《ちが》いない。

そうすれば、あの息子《むすこ》があとをついで、井戸《いど》を掘《ほ》らせてくれる、これはうまいと思《おも》いました。

その夜《よる》、夕飯《ゆうはん》のとき、海蔵《かいぞう》さんは年《とし》とったお母《かあ》さんに、こう話《はな》しました。

海蔵

「あのがんこ者《もん》の親父《おやじ》が死《し》ねば、息子《むすこ》が井戸《いど》を掘《ほ》らせてくれるそうだがのオ。だが、ありゃ、もう二、三|日《にち》で死《し》ぬからええて。」

すると、お母《かあ》さんはいいました。

海蔵の母

「お前《まえ》は、じぶんの仕事《しごと》のことばかり考《かんが》えていて、悪《わる》い心《こころ》になっただな。人《ひと》の死《し》ぬのを待《ま》ちのぞんでいるのは悪《わる》いことだぞや。」

海蔵《かいぞう》さんは、とむねをつかれたような気《き》がしました。お母《かあ》さんのいうとおりだったのです。

次《つぎ》の朝《あさ》早《はや》く、海蔵《かいぞう》さんは、また地主《じぬし》の家《いえ》へ出《で》かけていきました。

門《もん》をはいると、昨日《きのう》より力《ちから》のない、ひきつるようなしゃっくりの声《こえ》が聞《き》こえて来《き》ました。

だいぶ地主《じぬし》の体《からだ》が弱《よわ》ったことがわかりました。

地主の息子

「あんたは、また来《き》ましたね。親父《おやじ》はまだ生《い》きていますよ。」

と、出《で》て来《き》た息子《むすこ》さんがいいました。

海蔵

「いえ、わしは、親父《おやじ》さんが生《い》きておいでのうちに、ぜひおあいしたいので。」

と、海蔵《かいぞう》さんはいいました。

老人《ろうじん》はやつれて寝《ね》ていました。海蔵《かいぞう》さんは枕《まくら》もとに両手《りょうて》をついて、

海蔵

「わしは、あやまりに参《まい》りました。

海蔵

昨日《きのう》、わしはここから帰《かえ》るとき、息子《むすこ》さんから、あなたが死《し》ねば息子《むすこ》さんが井戸《いど》を許《ゆる》してくれるときいて、悪《わる》い心《こころ》になりました。

海蔵

もうじき、あなたが死《し》ぬからいいなどと、恐《おそ》ろしいことを平気《へいき》で思《おも》っていました。

海蔵

つまり、わしはじぶんの井戸《いど》のことばかり考《かんが》えて、あなたの死《し》ぬことを待《ま》ちねがうというような、鬼《おに》にもひとしい心《こころ》になりました。

海蔵

そこで、わしは、あやまりに参《まい》りました。井戸《いど》のことは、もうお願《ねが》いしません。

海蔵

またどこか、ほかの場所《ばしょ》をさがすとします。ですから、あなたはどうぞ、死《し》なないで下《くだ》さい。」

と、いいました。

老人《ろうじん》は黙《だま》ってきいていました。それから長《なが》いあいだ黙《だま》って海蔵《かいぞう》さんの顔《かお》を見上《みあ》げていました。

地主

「お前《まえ》さんは、感心《かんしん》なおひとじゃ。」

と、老人《ろうじん》はやっと口《くち》を切《き》っていいました。

地主

「お前《まえ》さんは、心《こころ》のええおひとじゃ、わしは長《なが》い生涯《しょうがい》じぶんの慾《よく》ばかりで、ひとのことなどちっとも思《おも》わずに生《い》きて来《き》たが、いまはじめてお前《まえ》さんのりっぱな心《こころ》にうごかされた。

地主

お前《まえ》さんのような人《ひと》は、いまどき珍《めずら》しい。それじゃ、あそこへ井戸《いど》を掘《ほ》らしてあげよう。どんな井戸《いど》でも掘《ほ》りなさい。

地主

もし掘《ほ》って水《みず》が出《で》なかったら、どこにでもお前《まえ》さんの好《す》きなところに掘《ほ》らしてあげよう。あのへんは、みな、わしの土地《とち》だから。

地主

うん、そうして、井戸《いど》を掘《ほ》る費用《ひよう》がたりなかったら、いくらでもわしが出《だ》してあげよう。

地主

わしは明日《あした》にも死《し》ぬかも知《し》れんから、このことを遺言《ゆいごん》しておいてあげよう。」

海蔵《かいぞう》さんは、思《おも》いがけない言葉《ことば》をきいて、返事《へんじ》のしようもありませんでした。

だが、死《し》ぬまえに、この一人《ひとり》の慾《よく》ばりの老人《ろうじん》が、よい心《こころ》になったのは、海蔵《かいぞう》さんにもうれしいことでありました。