0
牛をつないだ椿の木
4話 四
牛をつないだ椿の木(新美南吉の作品)第4話 「四」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

次《つぎ》の日《ひ》、大野《おおの》の町《まち》へ客《きゃく》を送《おく》ってきた海蔵《かいぞう》さんが、村《むら》の茶店《ちゃみせ》にはいっていきました。

そこは、村《むら》の人力曳《じんりきひ》きたちが一仕事《ひとしごと》して来《く》ると、次《つぎ》のお客《きゃく》を待《ま》ちながら、憩《やす》んでいる場所《ばしょ》になっていたのでした。

その日《ひ》も、海蔵《かいぞう》さんよりさきに三|人《にん》の人力曳《じんりきひ》きが、茶店《ちゃみせ》の中《なか》に憩《やす》んでいました。

店《みせ》にはいって来《き》た海蔵《かいぞう》さんは、いつものように、駄菓子箱《だがしばこ》のならんだ台《だい》のうしろに仰向《あおむ》けに寝《ね》ころがってうっかり油菓子《あぶらがし》をひとつ摘《つま》んでしまいました。

人力曳《じんりきひ》きたちは、お客《きゃく》を待《ま》っているあいだ、することがないので、つい、駄菓子箱《だがしばこ》のふたをあけて、油菓子《あぶらがし》や、げんこつや、ぺこしゃんという飴《あめ》や、やきするめや餡《あん》つぼなどをつまむのが癖《くせ》になっていました。

海蔵《かいぞう》さんもまたそうでした。

しかし海蔵《かいぞう》さんは、今《いま》、つまんだ油菓子《あぶらがし》をまたもとの箱《はこ》に入《い》れてしまいました。

見《み》ていた仲間《なかま》の源《げん》さんが、

源さん

「どうしただや、海蔵《かいぞう》さ。あの油菓子《あぶらがし》は鼠《ねずみ》の小便《しょうべん》でもかかっておるだかや。」

といいました。海蔵《かいぞう》さんは顔《かお》をあかくしながら、

海蔵

「ううん、そういうわけじゃねえけれど、きょうはあまり喰《た》べたくないだがや。」

と、答《こた》えました。

源さん

「へへエ。いっこう顔色《かおいろ》も悪《わる》くないようだが、それでどこか悪《わる》いだかや。」

と、源《げん》さんがいいました。

しばらくして源《げん》さんは、ガラス壺《つぼ》から金平糖《こんぺいとう》を一掴《ひとつか》みとり出《だ》すと、そのうちの一つをぽオいと上《うえ》に投《な》げあげ、口《くち》でぱくりと受《う》けとめました。そして、

源さん

「どうだや、海蔵《かいぞう》さ。これをやらんかや。」

といいました。海蔵《かいぞう》さんは、昨日《きのう》まではよく源《げん》さんと、それをやったものでした。

二人《ふたり》で競争《きょうそう》をやって、受《う》けそこなった数《かず》のすくないものが、相手《あいて》に別《べつ》の菓子《かし》を買《か》わせたりしたものでした。

そして海蔵《かいぞう》さんは、この芸当《げいとう》ではほかのどの人力曳《じんりきひ》きにも負《ま》けませんでした。

しかし、きょうは海蔵《かいぞう》さんはいいました。

海蔵

「朝《あさ》から奥歯《おくば》がやめやがってな、甘《あま》いものはたべられんのだてや。」

源さん

「そうかや、そいじゃ、由《よし》さ、やろう。」

といって、源《げん》さんは由《よし》さんと、それをはじめました。

二人《ふたり》は色《いろ》とりどりの金平糖《こんぺいとう》を、天井《てんじょう》に向《む》かって投《な》げあげてはそれを口《くち》でとめようとしましたが、うまく口《くち》にはいるときもあれば、鼻《はな》にあたったり、たばこぼんの灰《はい》の中《なか》にはいったりすることもありました。

海蔵《かいぞう》さんは、じぶんがするなら、ひとつもそらしはしないのだがなあ、と思《おも》いながら見《み》ていました。

あまり源《げん》さんと由《よし》さんが落《お》としてばかりいると、「よし、おれがひとつやって見《み》せてやろかい。」といって出《で》たくなるのでしたが、それをがまんしていました。

これはたいへんつらいことでありました。

はやく、お客《きゃく》がくればいいのになあ、と海蔵《かいぞう》さんは眼《め》をほそめて明《あか》るい道《みち》の方《ほう》を見《み》ていました。

しかしお客《きゃく》よりさきに、茶店《ちゃみせ》のおかみさんが、焼《や》きたてのほかほかの大餡巻《おおあんまき》をつくってあらわれました。

人力曳《じんりきひ》きたちは、大《おお》よろこびで、一|本《ぽん》ずつとりました。

海蔵《かいぞう》さんもがまんできなくなって、手《て》が少《すこ》しうごきだしましたが、やっとのことでおさえました。

源さん

「海蔵《かいぞう》さ、どうしたじゃ。一|銭《せん》もつかわんで、ごっそりためておいて、大《おお》きな倉《くら》でもたてるつもりかや。」

と、源《げん》さんがいいました。

海蔵《かいぞう》さんは苦《くる》しそうに笑《わら》って、外《そと》へ出《で》てゆきました。

そして、溝《みぞ》のふちで、かやつり草《ぐさ》を折《お》って、蛙《かえる》をつっていました。

海蔵《かいぞう》さんの胸《むね》の中《うち》には、拳骨《げんこつ》のように固《かた》い決心《けっしん》があったのです。

今《いま》までお菓子《かし》につかったお金《かね》を、これからは使《つか》わずにためておいて、しんたのむねの下《した》に、人々《ひとびと》のための井戸《いど》を掘《ほ》ろうというのでありました。

海蔵《かいぞう》さんは、腹《はら》も歯《は》もいたくありませんでした。のどから手《て》が出《で》るほど、お菓子《かし》はたべたかったのでした。

しかし、井戸《いど》をつくるために、今《いま》までの習慣《しゅうかん》をあらためたのでありました。