0
牛をつないだ椿の木
3話 三
牛をつないだ椿の木(新美南吉の作品)第3話 「三」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

旅《たび》の人《ひと》や、町《まち》へゆく人《ひと》は、しんたのむねの下《した》の椿《つばき》の木《き》に、賽銭箱《さいせんばこ》のようなものが吊《つ》るされてあるのを見《み》ました。

それには札《ふだ》がついていて、こう書《か》いてありました。

「ここに井戸《いど》を掘《ほ》って旅《たび》の人《ひと》にのんでもらおうと思《おも》います。志《こころざし》のある方《かた》は一|銭《せん》でも五|厘《りん》でも喜捨《きしゃ》して下《くだ》さい。」

これは海蔵《かいぞう》さんのしわざでありました。

それがしょうこに、それから五、六|日《にち》のち、海蔵《かいぞう》さんは、椿《つばき》の木《き》に向《む》かいあった崖《がけ》の上《うえ》にはらばいになって、えにしだの下《した》から首《くび》ったまだけ出《だ》し、人々《ひとびと》の喜捨《きしゃ》のしようを見《み》ていました。

やがて半田《はんだ》の町《まち》の方《ほう》からお婆《ばあ》さんがひとり、乳母車《うばぐるま》を押《お》してきました。

花《はな》を売《う》って帰《かえ》るところでしょう。お婆《ばあ》さんは箱《はこ》に目《め》をとめて、しばらく札《ふだ》をながめていました。

しかし、お婆《ばあ》さんは字《じ》を読《よ》んだのではなかったのです。なぜなら、こんなひとりごとをいいました。

お婆さん

「地蔵《じぞう》さんも何《なに》もないのに、なんでこんなとこに賽銭箱《さいせんばこ》があるのじゃろ。」

そしてお婆《ばあ》さんは行《い》ってしまいました。

海蔵《かいぞう》さんは、右手《みぎて》にのせていたあごを、左手《ひだりて》にのせかえました。

こんどは村《むら》の方《ほう》から、しりはしょりした、がにまたのお爺《じい》さんがやって来《き》ました。

海蔵

「庄平《しょうへい》さんのじいさんだ。あの爺《じい》さんは昔《むかし》の人間《にんげん》でも、字《じ》が読《よ》めるはずだ。」

と、海蔵《かいぞう》さんはつぶやきました。

お爺《じい》さんは箱《はこ》に眼《め》をとめました。そして

お爺さん

「なになに。」

といいながら、腰《こし》をのばして札《ふだ》を読《よ》みはじめました。読《よ》んでしまうと、

お爺さん

「なアるほど、ふふウん、なアるほど。」

と、ひどく感心《かんしん》しました。

そして、懐《ふところ》の中《なか》をさぐりだしたので、これは喜捨《きしゃ》してくれるなと思《おも》っていると、とり出《だ》したのは古《ふる》くさい莨入《たばこい》れでした。

お爺《じい》さんは椿《つばき》の根元《ねもと》でいっぷくすって行《い》ってしまいました。

海蔵《かいぞう》さんは起《お》きあがって、椿《つばき》の木《き》の方《ほう》へすべりおりました。

箱《はこ》を手《て》にとって、ふってみました。何《なん》の手《て》ごたえもないのでした。

がっかりして海蔵《かいぞう》さんは、ふうッと、といきをもらしました。

海蔵

「けっきょく、ひとは頼《たよ》りにならんとわかった。いよいよこうなったら、おれひとりの力《ちから》でやりとげるのだ。」

といいながら、海蔵《かいぞう》さんは、しんたのむねをのぼって行《い》きました。