0
飴だま
1話 飴だま
飴だま(新美南吉の作品)第1話 「飴だま」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

春のあたたかい日のこと、わたし舟《ぶね》にふたりの小さな子どもをつれた女の旅人《たびびと》がのりました。

舟《ふね》が出ようとすると、

さむらい

「おオい、ちょっとまってくれ。」

と、どての向こうから手をふりながら、さむらいがひとり走ってきて、舟にとびこみました。

舟《ふね》は出ました。

さむらいは舟のまん中にどっかりすわっていました。ぽかぽかあたたかいので、そのうちにいねむりをはじめました。

黒いひげをはやして、つよそうなさむらいが、こっくりこっくりするので、子どもたちはおかしくて、ふふふと笑《わら》いました。

お母さんは口に指をあてて、

お母さん

「だまっておいで。」

といいました。さむらいがおこってはたいへんだからです。

子どもたちはだまりました。

しばらくするとひとりの子どもが、

子供達

「かあちゃん、飴《あめ》だまちょうだい。」

と手をさしだしました。

すると、もうひとりの子どもも、

子供達

「かあちゃん、あたしにも。」

といいました。

お母さんはふところから、紙のふくろをとりだしました。ところが、飴《あめ》だまはもう一つしかありませんでした。

子供達

「あたしにちょうだい。」

子供達

「あたしにちょうだい。」

ふたりの子どもは、りょうほうからせがみました。飴《あめ》だまは一つしかないので、お母さんはこまってしまいました。

お母さん

「いい子たちだから待っておいで、向こうへついたら買ってあげるからね。」

といってきかせても、子どもたちは、ちょうだいよオ、ちょうだいよオ、とだだをこねました。

いねむりをしていたはずのさむらいは、ぱっちり眼《め》をあけて、子どもたちがせがむのをみていました。

お母さんはおどろきました。いねむりをじゃまされたので、このおさむらいはおこっているのにちがいない、と思いました。

お母さん

「おとなしくしておいで。」

と、お母さんは子どもたちをなだめました。

けれど子どもたちはききませんでした。

するとさむらいが、すらりと刀《かたな》をぬいて、お母さんと子どもたちのまえにやってきました。

お母さんはまっさおになって、子どもたちをかばいました。いねむりのじゃまをした子どもたちを、さむらいがきりころすと思ったのです。

さむらい

「飴《あめ》だまを出せ。」

とさむらいはいいました。

お母さんはおそるおそる飴《あめ》だまをさしだしました。

さむらいはそれを舟《ふね》のへりにのせ、刀でぱちんと二つにわりました。

そして、

さむらい

「そオれ。」

とふたりの子どもにわけてやりました。

それから、またもとのところにかえって、こっくりこっくりねむりはじめました。