こころ
目次
こころ(夏目漱石の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

こころ

青空文庫作品

漱石が乃木希典の殉死に影響を受け執筆した明治末期の作品である。
人間の深いところにあるエゴイズムと、人間としての倫理観との葛藤が表現された作品である。
語り手は「私」で物語が進む。
夏休み、鎌倉由比ヶ浜に海水浴に来ていた「私」は、同じく来ていた「先生」に出会い、交流を始める。その後、東京に帰った後も先生の家に出入りするようになる。
先生は奥さんと静かに暮らしており、毎月雑司ヶ谷にある友達の墓に墓参りする。
先生は私に何度も謎めいた、そして教訓めいたことを言う。
私は、父の病気の経過がよくないという手紙を受け取り、冬休み前に帰省する。
正月すぎに東京に戻った私は、先生に過去を打ち明けるように迫る。
そして先生は来るべき時に過去を話すことを約束する。
大学を卒業した私は先生の家でご馳走になったあと、帰省する。

主な登場人物

・ ・ ・ ・ ・
主人公

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)