芥川龍之介
紹介ページ
芥川龍之介の代表作品や生涯をご紹介|無料小説投稿サイトBookChat

芥川龍之介

東大在学中に同人雑誌「新思潮」に発表した「鼻」を漱石が激賞し、文壇で活躍するようになる。王朝もの、近世初期のキリシタン文学、江戸時代の人物・事件、明治の文明開化期など、さまざまな時代の歴史的文献に題材をとり、スタイルや文体を使い分けたたくさんの短編小説を書いた。体力の衰えと「ぼんやりした不安」から自殺。その死は大正時代文学の終焉と重なっている。(引用:青空文庫)
(写真はwikipediaより引用)

芥川龍之介の作品一覧

羅生門

芥川龍之介の作品

羅生門

芥川龍之介の作品

青空文庫

芥川の5作目の短編小説。次の作品『今昔物語集』巻二十九「羅城門登上層見死人盗人語第十八」に題材を取り、人...

蜘蛛の糸

芥川龍之介の作品

蜘蛛の糸

芥川龍之介の作品

青空文庫

釈迦はある日の朝、極楽を散歩中に蓮池を通して下の地獄を覗き見た。罪人どもが苦しんでいる中にカンダタ(犍陀...

★★★★★
1件のレビュー

芥川龍之介の作品

芥川龍之介の作品

青空文庫

「鼻」(はな)は、芥川龍之介による初期の短編小説。1916年に『新思潮』の創刊号で発表された。『今昔物語...

或阿呆の一生

芥川龍之介の作品

或阿呆の一生

芥川龍之介の作品

青空文庫

『或阿呆の一生』(あるあほうのいっしょう)は、芥川龍之介作の短編小説。雑誌『改造』1927年10月号に掲...

あばばばば

芥川龍之介の作品

あばばばば

芥川龍之介の作品

青空文庫

『あばばばば』は、保吉ものと呼ばれる作品群の一つで、実生活に取材した私小説。

悪魔

芥川龍之介の作品

悪魔

芥川龍之介の作品

青空文庫

芥川龍之介の短編小説。芥川の小説におけるジャンル「切支丹物」のひとつ。

地獄変

芥川龍之介の作品

地獄変

芥川龍之介の作品

青空文庫

時は平安時代。絵仏師の良秀は高名な天下一の腕前として都で評判だったが、その一方で猿のように醜怪な容貌を持...

藪の中

芥川龍之介の作品

藪の中

芥川龍之介の作品

青空文庫

複数の視点から同一の事象を描く内的多元焦点化(ジュネット)の手法がとられ、殺人と強姦という事件をめぐって...