0
パノラマ島綺譚
25話 二十五
パノラマ島綺譚(江戸川乱歩の作品)第25話 「二十五」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

それから十分ばかり後、北見小五郎は、数多《あまた》の裸女達に混って、湯の池の、におやかな湯気の中に半身を浸して、のどかな気持で、廣介の来るのを待ち受けていました。

空はやっぱり一面の黒雲に覆われ、風はなし、目路《めじ》の限りの花の山は、銀鼠色《ぎんねずみいろ》に眠って、湯の池に漣《さざなみ》も立たず、そこにゆあみする数十人の裸女の群さえ、まるで死んだ様におし黙っているのです。

北見の目には、その全体の景色が、何か憂鬱な天然の押絵の様にも見えたことでした。

そして十分二十分と過ぎて行く間が、どの様に長々しく感じられたことでしょう。いつまでも動かぬ空、花の山、池、裸女の群、そして、それらをこめた夢の様な鼠色。

併し、やがて、人々は、池の片隅から打上げられた、時ならぬ花火の音に、ハッと我に返り、次の瞬間空を見上げて、そこに咲き出《い》でた光の花の余りの美しさに、再び感嘆の叫びを上げないではいられませんでした。

それは、常の花火の五倍程の大きさで、それ故殆ど空一杯に拡がって、一つの花というよりは、あらゆる花を集めて一輪にした様な、五色の花瓣が、丁度万花鏡の感じで、下るに随って、ハラハラとその色と形を換えながら、なおも広く広くと拡がって行くのでした。

夜の花火でもなく、そうかといって昼の花火とも違い、黒雲と銀鼠色の背景に、五色の光が怪しき艶《つや》消しとなって、それが、刻一刻面積を広めながら、ジリジリと釣天井の様に下って来る有様は、真実魂も消えるばかりの眺めでした。

その時、北見小五郎は、くらめく様な五色の光の下で、ふと数人の裸女の顔に、或は肩に、紅色の飛沫《ひまつ》を見たのです。

最初は湯気のしずくに花火の色が映ったのかと、そのまま見すごしていたのですが、やがて、紅の飛沫は益々はげしく降りそそぎ、彼自身の額や頬にも、異様の暖かなしたたりを感じて、それを手にうつして見れば、まがう方なき紅のしずく、人の血潮に相違ないのでした。

そして、彼の目の前の湯の表に、フワフワと漂うものを、よく見れば、それは無慙《むざん》に引き裂かれた人間の手首が、いつのまにかそこへ降っていたのです。

北見小五郎は、その様な血腥《ちなまぐさ》い光景の中で、不思議に騒がぬ裸女達をいぶかりながら、彼も又そのまま動くでもなく、池の畔《くろ》にじっと頭をもたせて、ぼんやりと、彼の胸の辺《あたり》に漂っている、生々しい手首の花を開いた真赤な切口に見入りました。

か様にして、人見廣介の五体は、花火と共に、粉微塵《こなみじん》にくだけ、彼の創造したパノラマ国の、各々の景色の隅々までも、血液と肉塊の雨となって、降りそそいだのでありました。