0
パノラマ島綺譚
20話 二十
パノラマ島綺譚(江戸川乱歩の作品)第20話 「二十」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

そこにはどの様な不思議な仕掛けがしてあったのか、それとも又、ただ千代子の幻覚に過ぎなかったのか、一つの景色から、僅かばかりの暗闇を通って、今一つの景色へと現れるのが、何かこう夢の様で、

一つの夢から又別の夢へと移る時の、あの曖昧な、風に乗っている様な、その間《あいだ》全く意識を失っている様な、一種異様な心持なのでした。

随って、その一つ一つの景色は、全く平面を異にした、例えば三次の世界から四次の世界へと飛躍でもした感じで、ハッと思う間に、今まで見ていた同一地上が、形から色彩から匂《におい》に至るまで、まるで違ったものに変っているのでした。

それは本当に夢の感じか、そうでなければ、活動写真の二重焼付けの感じです。

そして、今二人の目の前に現れた世界は、廣介はそれを花園と称していたのですけれど、一般に花園という文字から聯想される何物でもなくて、

乳色に澱《よど》んだ空と、その下に不思議な大波の様に起伏する丘陵の肌が、一面に春の百花によって、爛《ただ》れているに過ぎないのです。

併し、それの余りの大規模と、空の色から、丘陵の曲線と百花の乱雑に至るまで、悉く自然を無視した、名状の出来ない人工の為に、その世界に足を踏み入れたものは、暫く茫然《ぼうぜん》として佇む外はないのでした。

一見単調に見えるこの景色の内には、何かしら、人間界を離れて、例えば悪魔の世界に入った様な、異様な感じを含んでいました。

廣介

「お前、どうかしたのか。目まいがするのか」

廣介は驚いて、倒れかかる千代子の身体を支《ささ》えました。

千代子

「エエ、何ですか頭が痛くって……」

むせる様な香気が、例えば汗ばんだ人間の肉体から発散する異臭に似て、併し決して不快ではない所の香気が、先ず彼女の頭の芯をしびれさせたのです。

それに、不思議な花の山々の、無数の曲線の交錯が、まるで小舟の上から渦巻き返す荒浪《あらなみ》を見る様に、恐しい勢《いきおい》で彼女を目がけておし寄せるかと疑われたのです。

決して動きはしないのです。でもその動かぬ丘陵の重なりには、考案者の不気味な奸計が隠されていたとしか考えられません。

千代子

「私、何だか恐しいのです」

漸く立直った千代子は、目をふさぐ様にして、僅かに口を利きました。

廣介

「何がそんなに恐しいの」

廣介は脣の隅に、ほのかな笑いを震わせて聞きました。

千代子

「何だか分りませんわ。こんなに花に包まれていて、私は無上《むしょう》に淋しい気がいたします。来てはならない所へ来た様な、見てはならないものを見ている様な気持なのですわ」

廣介

「それはきっと、この景色が余り美しいからだよ」

廣介はさり気なく答えました。

廣介

「それよりも、御覧。あすこへ、私達の迎いのものがやって来たから」

とある花の山蔭から、まるで御祭の行列の様に、しずしずと一組の女達が現われました。

多分身体全体を化粧しているのでしょう、青味がかった白さに、肉体の凹凸《おうとつ》に応じて、紫色の隈を置いた、それ故に一層陰影の多く見える裸体が、背景の真赤な花の屏風《びょうぶ》の前に、次々と浮出して来るのです。

彼女等は、テラテラと膩《あぶら》ぎったたくましい足を、踊る様に動かし、黒髪を肩に波うたせ、真赤な脣を半月形に開いて、二人の前に近寄り、無言のまま、不思議な円陣を作るのでした。

廣介

「千代子、これが私達の乗物なのだ」

廣介は千代子の手を取って、数人の裸女によって作られた蓮台《れんだい》の上におし上げ、自分もそのあとから、千代子と並んで、肉の腰掛に座を占めました。

人肉の花びらは、開いたまま、その中央に廣介と千代子とを包んで、花の山々を巡り始めるのです。

千代子は、目の前の世界の不思議さと、裸女達の余りの無感動に幻惑して、いつしかこの世の羞恥《しゅうち》を忘れて了った形でした。

彼女は、膝の下に起伏する、肥《こ》え太った腹部の柔《やわら》か味《み》を、寧ろ快くさえ感じていました。

丘陵と丘陵との間の、谷間とも見るべき部分に、細い道は幾曲りしながら続きました。

その裸女達の素足が踏みしだく所にも、丘と同じ様に百花が乱れ咲いているのです。肉体の柔かなバネ仕掛けの上に、深々としたこの花の絨毯は、彼等の乗物を、一層滑かに心地よくしました。

併し、この世界の美は、絶えず彼等の鼻をうっている、不思議な薫《かおり》よりも、乳色に澱んでいる異様な空の色よりも、いつから始まったともなく、

春の微風《そよかぜ》の様に、彼等の耳を楽しませている、奇妙な音楽よりも、或は又、千紫万紅《せんしばんこう》、色とりどりの花の壁よりも、その花に包まれた山々の、語り得ぬ不思議な曲線にありました。

人はこの世界に於て、始めて、曲線の現し得《う》る美を悟ったでありましょう。自然の山岳と、草木《そうもく》と、平野と、人体の曲線に慣れた人間の目は、ここにそれらとはまるで違った曲線の交錯を見るのです。

どの様な美女の腰部《ようぶ》の曲線も、或はどの様な彫刻家の創作も、この世界の曲線美には比べることが出来ません。それは自然を描き出した造物主ではなくて、それを打ち亡《ほろ》ぼそうと企らむ悪魔だけが描き得る線であったかも知れません。

ある人はそれらの曲線の重なりから、異常なる性的圧迫を感ずるでありましょう。併しそれは決して現実的な感情を伴うものではないのです。

我々は悪夢の中《うち》でのみ、往々にしてこの種の曲線に恋することがあります。廣介は、その夢の世界を、現実の土と花とを以て、描き出そうと試みたものに相違ありません。

それは崇高というよりも、寧ろ汚穢《おわい》で、調和的というよりも、寧ろ乱雑で、その一つ一つの曲線と、そこに膿《う》み爛《ただ》れた百花の配置は、快感よりは一層限りなき、不快を与えさえします。

それでいて、その曲線達に加えられた不可思議なる人工的交錯は、醜《しゅう》を絶して、不協和音ばかりの、異様に美しい大管絃楽を奏しているのでありました。

又、この風景作家の異常なる注意は、裸女の蓮台が通り過ぎる所の、谿間《たにま》の花の細道が作る曲線にまでも行届いていたのです。

そこには曲線そのものの美ではなくて、曲線に沿って運動するものの感ずる、謂わば肉体的快感が計画されていました。

或は緩《ゆるや》かに、或は急角度に、或は上《のぼ》り、或は下り、道は上下左右に様々の美しい曲線を描きました。

それは例えば、空中に於て飛行家が味わう様な、又、我々がつづら折の峠道を走る自動車の中で感ずる様な、曲線運動の快感の、もっと緩かに且《か》つ美化されたものと云えばいいでしょうか。

時々上り坂はありながら、道は少しずつある中心点に向って下って行く様に見えました。

そして、異様なる香気と、地の底からの様に響く音楽とは、層一層その度を高め、遂には、彼等の鼻をも耳をも、その美しさに無感覚にして了う程も、絶え間なく続くのでした。

時とすると、谿間は広々とした花園と開け、その彼方に、空へのかけ橋の様に、花の山がそびえ、その茫漠たる斜面に、吉野山の花の雲を数倍した、幻怪なる光景を展開しました。

そして、一層驚くべきは、その斜面と広野との、虹の様な花を分けて、点々と、幾十人の裸体の男女の群が、遠くのものは白豆の様に小さく、嬉々としてアダムとイヴの鬼ごっこをやっていることでした。

山を駈け降り、野を横切って、黒髪を風になびかせた一人の女が、彼等から一間ばかりの所へ来て、バッタリ倒れました。

すると、彼女を追って来た一人のアダムは、彼女を抱き起して、彼の広い胸の前に、一文字《いちもんじ》に抱えると、抱《いだ》くものも、抱かれたものも、この世界に充満する音楽に合せて、高らかに歌いながら、しずしずと彼方へ立去るのでした。

又ある箇所には、細い谷間の道を覆って、アーチの様に、白鯰のユーカリ樹の巨木が腕をのべ、その枝もたわわに裸女の果実が実っていました。

彼女等は、太い枝の上に身を横《よこた》え、或は両手でぶら下って、風にそよぐ木の葉の様に、首や手足をゆすりながら、やっぱりこの世界の音楽を合唱しているのです。

裸女の蓮台は、その果実の下を、凡そ無関心を以て、静に練って行くのです。

延長にして一里はたっぷりあったと思われる、道々の花の景色、その間に千代子の味った不思議な感情、作者はそれをただ、夢とのみ、或は瑰麗《かいれい》なる悪夢とのみ、形容するの外はありません。

そして、遂に彼等が運ばれたのは、巨大なる花の擂鉢《すりばち》の底でありました。

そこの景色の不思議さは、擂鉢の縁《ふち》に当る、四周の山の頂から、滑かな花の斜面を伝って、雪白《せっぱく》の肉塊が、団子《だんご》の様に珠数継《じゅずつな》ぎにころがり落ちて、その底にたたえられた浴槽の中へしぶきを立てていることでした。

そして、彼女等は、擂鉢の底の湯気《ゆげ》の中を、バチャバチャと跳ね廻りながら、あののどかな歌を合唱するのです。

いつ着物を脱がされたのか、殆ど夢中の間に、千代子|等《ら》も華やかな浴客達に混って、快い湯の中につかっていました。

不自然な衣服を着けていることが、寧ろ恥かしくなるこの世界では、千代子も彼女自身の裸体を殆ど気にしないでいられたのです。

そして、彼等を乗せた裸女達は、ここでこそ文字通り蓮台の役目を勤め、長々と寝そべって、首から下を湯につけた二人の主人を、彼女達の肉体によって支えなければなりませんでした。

それから、名状の出来ぬ一大混乱が始ったのです。

肉塊の滝つ瀬は、益々その数《すう》を増し、道々の花は踏みにじられ、蹴散《けち》らされて、満目の花|吹雪《ふぶき》となり、その花びらと湯気としぶきとの濛々《もうもう》と入乱れた中に、

裸女の肉塊は、肉と肉とを擦《す》り合せて、桶《おけ》の中の芋《いも》の様に混乱して、息も絶え絶えに合唱を続け、人津浪《ひとつなみ》は、或は右へ或は左へと、打寄せ揉み返す、

その真只中《まっただなか》に、あらゆる感覚を失った二人の客が、死骸の様に漂っているのでした。