0
パノラマ島綺譚
1話 一
パノラマ島綺譚(江戸川乱歩の作品)第1話 「一」を今すぐ読もう!チャット形式小説投稿サイトBookChat
無料読者登録しませんか? 読者登録すると読んでいる小説を途中から読み始められます!

同じM県に住んでいる人でも、多くは気づかないでいるかも知れません。I湾が太平洋へ出ようとする、S郡の南端に、外《ほか》の島々から飛び離れて、丁度緑色の饅頭《まんじゅう》をふせた様な、直径二里足らずの小島が浮んでいるのです。

今では無人島にも等しく、附近の漁師《りょうし》共が時々気まぐれに上陸して見る位で、殆《ほとん》ど顧《かえりみ》る者もありません。

殊《こと》にそれは、ある岬の突端《とっぱな》の荒海に孤立していて、余程《よほど》の凪《なぎ》ででもなければ、小さな漁船などでは第一近づくのも危険ですし、又危険を冒《おか》してまで近づく程の場所でもないのです。

所の人は俗に沖《おき》の島《しま》と呼んでいますが、いつの頃からか、島全体が、M県随一の富豪であるT市の菰田《こもだ》家の所有になっていて、以前は同家に属する漁師達の内、物好きな連中が小屋を建てて住まったり、網干し場、物置きなどに使っていたこともあるのですが、

数年以前それがすっかり、取払われ、俄《にわか》にその島の上に不思議な作業が始《はじま》ったのです。

何十人という人夫土工|或《あるい》は庭師などの群が、別仕立てのモーター船に乗って、日毎《ひごと》に島の上に集《あつま》って来ました。

どこから持って来るのか、様々の形をした巨岩や、樹木や、鉄骨や、木材や、数知れぬセメント樽《だる》などが、島へ島へと運ばれました。

そして、人里離れた荒海の上に、目的の知れぬ土木事業とも、庭作りともつかぬ工作が始まったのです。

沖の島の属する郡には、政府の鉄道は勿論《もちろん》私設の軽便《けいべん》鉄道や、当時は乗合自動車さえ通っていず、殊に島に面した海岸は、百戸に充《み》たぬ貧弱な漁村がチラホラ点在しているばかりで、

その間々《あいだあいだ》には人も通わぬ断崖がそそり立っていて、謂《い》わば文明から切り離された、まるで辺鄙《へんぴ》な所だものですから、その様な風変りな大作業が始っても、その噂《うわさ》は村から村へと伝わる丈《だ》けで、

遠くに行くに従って、いつしかお伽噺《とぎばなし》の様なものになって了《しま》い、仮令《たとえ》附近の都会などに、それが聞えても、高々《たかだか》地方新聞の三面を賑《にぎ》わす程のことで済んで了いましたが、

若《も》しこれが都近くに起った出来事だったら、どうして、大変なセンセーションを捲き起したに相違ありません。それ程、その作業は変てこなものだったのです。

流石《さすが》に附近の漁師達は怪しまないではいられませんでした。何の必要があって、どの様な目的があって、あの人も通わぬ離れ小島に、費用を惜《おし》まず、土を掘り、樹木を植え、塀を築き、家を建てるのであろう。

まさか菰田家の人達が、物好きにあの不便な小島へ住もうという訳《わけ》ではなかろうし、そうかと云って、あんな所へ遊園地を拵《こしら》えるというのも変なものだ。

若しかしたら、菰田家の当主は気でも狂ったのではあるまいか、などと噂し合ったことでした。

というのには、又訳のあることで、当時の菰田家の主《あるじ》というのは、癲癇《てんかん》の持病を持っていて、それが嵩《こう》じて、少し前に一度死を伝えられ、附近の評判になった程の立派な葬式さえ営《いとな》んだのですが、

それが、不思議にも生き返って、併《しか》し生き返ってからというものは、ガラリ性質が変って、時々非常識な、狂気じみた行動があるとの噂が、その辺の漁師達にまで伝わっていて、

さてこそ、今度の工作も、やっぱりそのせいではないかと、疑いを抱《いだ》くことになったのです。

それは兎《と》も角《かく》、人々の疑惑の内に、といって都に響く程の大評判にもならず、このえたいの知れぬ事業は、菰田家の当主の直接の指図の下《もと》に、着々と進捗《しんちょく》して行きました。

三|月《つき》四月とたつに従って、島全体を取囲んで、丁度|万里《ばんり》の長城《ちょうじょう》の様な異様な土塀が出来、内部には、池あり、河あり、丘あり、谷あり、そして、その中央に巨大な鉄筋コンクリートの不思議な建物まで出来上りました。

その光景がどの様に奇怪千万な、そして又世にも壮麗なものであったかは、ずっと後になって御話する機会があろうと思いますから、ここには省《はぶ》きますが、それが若し完全に出来上って了ったなら、どんなにすばらしいものだったでありましょう。

心ある人が見たならば、現にある、半《なか》ば荒廃した沖の島の景色から、十分それが推察出来るに相違ありません。

ところが、不幸にも、この大事業は、やっと完成するかしないに、思わぬ出来事の為《ため》に、頓挫《とんざ》を来《きた》したのです。

それが、どういう理由《わけ》であったかは、ほんの一部の人にしか、ハッキリは分って居りません。

なぜか、事が秘密の中《うち》に運ばれたのです。その事業の目的も性質も、それが頓挫を来たした理由《りゆう》も、一切|曖昧《あいまい》の内に葬られて了ったのです。

ただ外部に分っていることは、事業の頓挫と相前後して菰田家の当主とその夫人とが、この世を去り、不幸にも彼等の間に子種がなかった為、今は親族のものがその跡目を相続しているということ丈けでした。

その彼等の死因についても、色々の噂がないではありませんでしたが、単に噂に止《とどま》って、いずれも掴《つか》み所のない、随《したが》ってそれが其筋《そのすじ》の注意を惹《ひ》くという程のものではなかったのです。

島はその後も、やっぱり菰田家の所有地に相違ないのですが、事業は荒廃したまま、訪ねる人もなく、放擲《ほうてき》され、人工の森や林や花園は、殆ど元の姿を失って、雑草のはびこるに任せ、鉄筋コンクリートの奇怪な大円柱|達《たち》も、風雨に曝《さら》されて、いつしか原形を止《とど》めなくなって了いました。

そこに運ばれた樹木石材|等《とう》は、非常な費用をかけたものではありましたが、さて、それを都に運んで売却するには、却《かえ》って運賃倒れになるという様な点から、荒廃はしながらも、一木一石《いちぼくいっせき》元の場所を換えた訳ではありません。

随って、今でも、若し諸君が旅行の不便を忍んで、M県の南端を訪れ、荒海を乗り切って沖の島に上陸なさるならば、そこに、世にも不可思議なる人工風景の跡を見出すことが出来るに相違ありません。

それは一見、非常に宏大な庭園に過ぎないのですが、ある人はそこから、何物か、途方もないある種の計画、若しくは芸術という様なものを感じないではいられぬでありましょう。

それと同時に、その人は又、その辺一体に漲《みなぎ》る、怨念《おんねん》というか、鬼気というか、兎も角も一種の戦慄《せんりつ》に襲われないではいられぬでありましょう。

そこには実に、殆ど信ずべからざる、一場《いちじょう》の物語があるのです。

その一部は菰田家に接近する人々には公然の秘密となっている所の、そしてその肝要な他の部分は、たった二三人の人物にしか知られていない所の、世にも不思議な物語があるのです。

若し諸君が、私の記述を信じて下さるならば、そして、この荒唐無稽《こうとうむけい》とも見える物語を最後まで聞いて下さるならば、では、これからその秘密譚というのを始めることに致しましょうか。