草枕
目次
草枕(夏目漱石の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

草枕

青空文庫作品

1906年(明治39年)に『新小説』に発表。熊本県玉名市小天温泉を舞台にして、作者・漱石の言う「非人情」の世界を描いた作品である。

主な登場人物

・ ・ ・ ・ ・
主人公
源兵衛
・ ・ ・ ・ ・
馬子
婆さん
・ ・ ・ ・ ・
茶店の婆さん
那美
・ ・ ・ ・ ・
宿の若い奥さん
下女
・ ・ ・ ・ ・
小女郎
親方
・ ・ ・ ・ ・
髪結床の親方
了念
・ ・ ・ ・ ・
床屋に来た小坊主
老人
・ ・ ・ ・ ・
老人
大徹
・ ・ ・ ・ ・
観海寺の和尚
久一
・ ・ ・ ・ ・
若い男
馬子
・ ・ ・ ・ ・
馬子
那美の兄
・ ・ ・ ・ ・
那美の兄
茶店の客達
・ ・ ・ ・ ・
茶店の客達

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)