或阿呆の一生
目次
或阿呆の一生(芥川龍之介の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

或阿呆の一生

青空文庫作品

『或阿呆の一生』(あるあほうのいっしょう)は、芥川龍之介作の短編小説。雑誌『改造』1927年10月号に掲載された。
1927年の芥川自殺後に見つかった文章で、自分の人生を書き残したと思われている。友達への遺書の中に、この事が詳しく記されてある。ぼんやりとした不安が、鬱を思わせるような優しく冷たい文章で筆致されている。冒頭部分には久米正雄宛ての文章がある。フラグメント(断章)形式といえよう。
(引用: wikipedia)

主な登場人物

芥川龍之介
・ ・ ・ ・ ・
作者
・ ・ ・ ・ ・
主人公
医者
・ ・ ・ ・ ・
血色の善い医者
先輩
・ ・ ・ ・ ・
彼の先輩
友だち
・ ・ ・ ・ ・
彼の友達
海軍将校
・ ・ ・ ・ ・
彼に話しかけた海軍将校
彼女
・ ・ ・ ・ ・
彼女
大学生
・ ・ ・ ・ ・
或大学生
狂人の娘
・ ・ ・ ・ ・
彼が七年前に絶縁した狂人の娘
天使
・ ・ ・ ・ ・
誰にも恥づる所のないシルクハツトをかぶつた天使
・ ・ ・ ・ ・
彼の妻
・ ・ ・ ・ ・
ラデイゲの臨終の言葉を読んだ際に聞こえた声

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)