吾輩は猫である
目次
吾輩は猫である(夏目漱石の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

吾輩は猫である

青空文庫作品

「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」という書き出しで始まり、中学校の英語教師である珍野苦沙弥の家に飼われている猫である「吾輩」の視点から、珍野一家や、そこに集う彼の友人や門下の書生たち、「太平の逸民」(第二話、第三話)の人間模様が風刺的・戯作的に描かれている。

主な登場人物

吾輩
・ ・ ・ ・ ・
主人公
主人
・ ・ ・ ・ ・
教師
主人の友
・ ・ ・ ・ ・
金縁眼鏡《めがね》の美学者
黒猫
・ ・ ・ ・ ・
大柄な雄の黒猫
寒月
・ ・ ・ ・ ・
主人の旧門下生
・ ・ ・ ・ ・
主人の妻
御三
・ ・ ・ ・ ・
御三
子供 
・ ・ ・ ・ ・
子供
三毛子
・ ・ ・ ・ ・
隣宅に住む二絃琴の御師匠さんの家の雌猫
御師匠さん
・ ・ ・ ・ ・
二絃琴の御師匠さん。三毛子の主人

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)