女生徒
目次
女生徒(太宰治の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

女生徒

青空文庫作品

「女生徒」(じょせいと)は、太宰治の短編小説。
1938年(昭和13年)9月に女性読者有明淑(当時19歳)から太宰のもとに送付された日記を題材に、14歳の女生徒が朝起床してから夜就寝するまでの一日を主人公の独白体で綴っている。思春期の少女が持つ自意識の揺らぎと、その時期に陥りやすい、厭世的な心理を繊細な筆致で描き出し、当時の文芸時評で川端康成たちから激賞され、太宰の代表作の一つとなった。
タイトルは、当時太宰の机辺にあったレオン・フラピエ作、桜田佐訳『女生徒 他八篇』(岩波文庫、1938年9月1日)からとられた[2]。
作品集『女生徒』に収録されたのち、『女性』(博文館、1942年6月30日)に再録された。
(引用: wikipedia)

主な登場人物

女生徒
・ ・ ・ ・ ・
主人公
でこちゃん
・ ・ ・ ・ ・
でこちゃん
お母さん
・ ・ ・ ・ ・
女生徒のお母さん
お父さん
・ ・ ・ ・ ・
女生徒の父親
伊藤先生
・ ・ ・ ・ ・
女生徒の先生
キン子
・ ・ ・ ・ ・
お寺の娘さん
誰か
・ ・ ・ ・ ・
誰か

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)