目次
鼻(芥川龍之介の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

青空文庫作品

「鼻」(はな)は、芥川龍之介による初期の短編小説。1916年に『新思潮』の創刊号で発表された。『今昔物語』の「池尾禅珍内供鼻語」および『宇治拾遺物語』の「鼻長き僧の事」を題材としている。
「人の幸福をねたみ、不幸を笑う」と言う人間の心理を捉えた作品。この小説で夏目漱石から絶賛された。
(引用: wikipedia)

目次

主な登場人物

禅智内供
・ ・ ・ ・ ・
主人公
池の尾の町の者
・ ・ ・ ・ ・
池の尾の町の者
弟子の僧
・ ・ ・ ・ ・
禅智内供の僧
中童子
・ ・ ・ ・ ・
中童子

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)