走れメロス
目次
走れメロス(太宰治の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

走れメロス

青空文庫作品

『走れメロス』(はしれメロス)は、太宰治の短編小説。処刑されるのを承知の上で友情を守ったメロスが、人の心を信じられない王に信頼することの尊さを悟らせる物語。
主題の美しさと文体の力強さを評価する肯定的な声が多くある。その一方、教材として学校で使う場合に、徳目を褒め称えることの「白々しさ」を指摘する声、寺山修司の『歩け、メロス』のように、メロスを「無神経な自己中心性・自己陶酔の象徴」と考える否定的な評価もある
(wikipediaより引用)

目次

主な登場人物

メロス
・ ・ ・ ・ ・
主人公
老爺
・ ・ ・ ・ ・
老爺
暴君ディオニス
・ ・ ・ ・ ・
暴君ディオニス
婿の牧人
・ ・ ・ ・ ・
妹の婿
山賊
・ ・ ・ ・ ・
メロスを邪魔する山賊
旅人
・ ・ ・ ・ ・
旅人
フィロストラトス
・ ・ ・ ・ ・
セリヌンティウスの弟子
セリヌンティウス
・ ・ ・ ・ ・
メロスの親友
群衆
・ ・ ・ ・ ・
群衆

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)