心臓盗難
目次
心臓盗難(海野十三の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

心臓盗難

青空文庫作品

海野十三の烏啼天駆シリーズ・2

【書き出し】
黒眼鏡に、ひどい猫背の男が、虎猫色《とらねこいろ》の長いオーバーを地上にひきずるようにして、深夜の町を歩いていた。めずらしく暖い夜で、町並は霧にかくれていた。もはや深更《しんこう》のこととて行人の足音も聞えず、自動車の警笛の響さえない。黒眼鏡にひどい猫背の男は、飄々《ひょうひょう》として、S字状に曲った狭い坂道をのぼって行く。この男こそ、名乗りをあげるなら誰でも知っている、有名な頑張《がんば》り探偵の袋猫々《ふくろびょうびょう》その人であった。

主な登場人物

袋猫々
・ ・ ・ ・ ・
探偵
烏啼天駆
・ ・ ・ ・ ・
怪賊
安東
・ ・ ・ ・ ・
安東仁雄。若紳士
虻熊警視
・ ・ ・ ・ ・
捜査課長
記者
・ ・ ・ ・ ・
新聞記者
内儀さん
・ ・ ・ ・ ・
煙草屋の内儀《かみ》さん
今福
・ ・ ・ ・ ・
今福西枝

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)