坊っちゃん
目次
坊っちゃん(夏目漱石の作品)を今すぐ読もう!あらすじ、感想、解説もご紹介。書き出しから読める無料小説投稿サイトBookChat

坊っちゃん

青空文庫作品

1906年(明治39年)、『ホトトギス』第九巻第七号(4月1日発行)の「附録」(別冊ではない)として発表。1907年(明治40年)1月1日発行の『鶉籠(ウズラカゴ)』(春陽堂刊)に収録された。その後は単独で単行本化されているものも多い。
主人公は東京の物理学校(現在の東京理科大学の前身)を卒業したばかりの江戸っ子気質で血気盛んで無鉄砲な新任教師。登場する人物の描写が滑稽で、わんぱく坊主のいたずらあり、悪口雑言あり、暴力沙汰あり、痴情のもつれあり、義理人情ありと、他の漱石作品と比べて大衆的であり、漱石の小説の中で最も多くの人に愛読されている作品である[1]。
漱石自身が高等師範学校(後の東京高等師範学校、旧東京教育大学、現在の筑波大学の前身)英語嘱託となって赴任を命ぜられ、愛媛県尋常中学校(松山東高校の前身)で1895年(明治28年)4月から教鞭をとり、1896年(明治29年)4月に熊本の第五高等学校へ赴任するまでの体験を下敷きにして、後年書いた小説である。
(wkipediaより引用)

目次

主な登場人物

坊っちゃん
・ ・ ・ ・ ・
主人公
同級生
・ ・ ・ ・ ・
坊っちゃんの同級生
おやじ
・ ・ ・ ・ ・
坊っちゃんのおやじ
友達
・ ・ ・ ・ ・
坊っちゃんの友達
勘太郎
・ ・ ・ ・ ・
質屋の息子
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
坊っちゃんの兄
清《きよ》
・ ・ ・ ・ ・
十年来召し使っている下女

レビュー0件

0件

(良い)

0件

(普通)

0件

(悪い)