中島敦
紹介ページ
中島敦の代表作品や生涯をご紹介|無料小説投稿サイトBookChat

中島敦

東京市四谷区箪笥町生まれ。1942年『文学界』に「古譚」の名で「山月記」と「文字禍」が掲載され、「光と風と夢」で芥川賞候補になり活躍が期待されたが、持病の喘息が悪化し同年12月4日死去。遺稿「李陵」「弟子」が発表され、類まれな才知の早世が惜しまれた。(引用:青空文庫)